後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【知っておきたい】事業承継とは

【知っておきたい】事業承継とは

ここでは、事業承継について知っておきたい基本情報をまとめています。

そもそも事業承継とは?

事業承継とは、会社の資産や株式、従業員などを後継者に引き継ぐことです。

とくに、中小企業の多い日本では、後継者不在の問題を抱えている会社が多く、事業承継について頭を悩ませている個人事業主や経営者がたくさんいます。後継者がいないために、廃業してしまうという会社もあるほどです。

そのような問題を回避するためにも、事業承継対策が必要になってきます。

事業承継の後継者は、子どもを含めた親族、従業員、第三者に分かれます。

とくに中小企業の場合は、現経営者の子どもに事業を承継することが多かったのですが、最近では、子どもが跡を継ぎたがらずほかの仕事に就いたり、経営者も子どもの意思を尊重し、無理に跡を継がせないというケースも増えています。

このような、親族に後継者がいない場合には、役員を含めた従業員に事業承継することもあります。

従業員への事業承継は、役員が株式を買い取って会社の経営権を取得する方法と、従業員が株式を買い取って経営権を取得する方法があります。

また、親族にも従業員にも後継者が見つからない場合、第三者への承継を考えなければなりません。いわゆるM&Aで、合併や買収によって、会社の経営権を相手企業に譲渡することです。

M&Aの場合でも、会社はそのまま残り、従業員の雇用や取引先との関係は継続することができます。

事業承継には多額の費用がかかることが多いのですが、その対策として、保険や税制を活用する方法も紹介しています。

とりあえず行動をと考えている経営者の方は、ぜひご覧ください。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉