後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【知っておきたい】事業承継とは » 事業承継で保険を活用する方法

事業承継で保険を活用する方法

事業承継には多額の資金が必要になる場合があります。そのような時、保険を活用することで、スムーズに事業承継することができます。事業承継で保険を有効利用する方法を紹介します。

事業承継に保険の利用は必須

事業承継をする際、相続税の支払いや株式の買い取りなどで、多額の資金が必要になる場合があります。

事前に現金でその準備ができていればいいのですが、現金が用意できない場合、不動産や有価証券を売却して現金にすることもあります。

それでも足りない場合、現経営者の自宅や自社株を売却するというケースもあるようなのですが、できればこれは避けたいもの。不動産を売却してしまうと、残された遺族の生活にも関わってきますし、親族内承継などを考えている場合、自社株を売ってしまっては、株式が分散してしまい、今後の会社経営にも支障が出てきてしまうからです。

そこで、事業承継時に必要な資金を確保するために、保険を利用するという方法があります。

資金のやりくりに保険は有効事業承継の際に活用できる保険というと、まず、現経営者に生命保険がかけられている場合が考えられるでしょう。

というのも、現経営者が亡くなることで事業承継が行われるケースが多いためです。生命保険によって現金が支払われれば、それを相続税に充てることもできます。

また、亡くなった経営者に複数人の子どもがいた場合、財産分与における争いが起こりがちです。

兄弟のうちのひとりが後継者となるのであれば、後継者に不動産や自社株を、後継者以外の相続人へは現金を渡すことで調整できます。

複数の相続人がいる場合には、いくつかの生命保険に入り、それぞれの受取人として指定しておくというのも、スムーズな事業承継のためのひとつの方法です。

生命保険の支払いは、事業承継の際には大いに役立ちますが、注意すべき点もあります。

  • 長期間にわたって保険料を払う必要がある
  • 健康上の問題や病歴、年齢によっては保険に入れないこともある

これらの点を踏まえたうえで、生命保険を利用してみるのもいいでしょう。

生命保険以外にも活用できる保険がある?

生命保険以外にもさまざまな種類の保険があり、なかには、会社が掛金をかけ、保険を解約したときに解約払戻金を受け取ることができるものも。

この払戻金を、株式の買い取りの資金に充てたり、会社の運転資金にしたり、退職金にしたりすることができます。

その都度、決して安くはない積立金が必要な保険ではありますが、将来の事業承継のために、こうした保険も検討し、早めに準備しておくことは大切です。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉