後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【知っておきたい】事業承継とは » なぜ事業承継対策が必要なのか

なぜ事業承継対策が必要なのか

企業にとって、事業承継は避けて通れない問題です。とくに中小企業の場合、後継者が確保できずに廃業に追い込まれることもあるほどです。

どのような方法を取るにしても、事業承継には時間がかかります。スムーズな事業承継を行うためにも、事前の準備が重要です。

中小企業における事業承継の重要性

中小企業にとって、事業承継は重要な問題といっても過言ではありません。

現在、日本では高齢化が深刻な問題になっています。それは、中小企業の経営者にとっても同様で、中小企業経営者の高齢化に伴い、後継者を確保することが難しくなっているのが現状です。

一般的には、子どもや親族、従業員などが後継者の候補に挙げられますが、いずれにしても後継者を育てるのに時間がかかります。

いつまでも事業承継できずにいると、取引先や従業員に不安を与えてしまい、事業の悪化につながってしまうケースも生じます。

こうした事態を避けるためにも、事業承継の対策はしっかりしておきたいものです。

中小企業では、社長が自社株式や事業用の資産を保有しているケースが多々あります。

そのため、事業承継が必要になった場合に、相続の問題が発生したり、仕事上のノウハウや取引先の情報などが十分に引き継がず、いろいろなトラブルが生じるということも少なくありません。

とくに中小企業の場合、社長のもっている人脈や信頼などは大きなウェイトを占めています。

せっかく、企業としていいものをもっているのに、事業承継がスムーズに行われなかったがために、事業成績が悪化したり、最悪の場合、廃業に追い込まれてしまうこともあるのです。

事業承継対策をすることのメリット

事業承継の準備をしておくことのメリットは大きく、煩雑なプロセスが伴う事業承継をスムーズに行うことができます。事業承継がスムーズに行われることによって、さらにさまざまなメリットがもたらされます。

事業承継の準備を行うことのメリットまず、会社の経営がスムーズに受け継がれることによって、取引先との信頼関係が維持されます。逆に、事業承継がスムーズに運ばない企業に対しては、取引先が不信感を抱いてしまうという恐れも考えられます。

取引先との信頼関係が維持できれば、事業も維持でき、発展する可能性も出てきますし、事業が安定すれば従業員の不安もなくなり、従業員の雇用もしっかり確保できます。

このように、事前に事業承継対策を行うか否かによって、中小企業の将来が左右されてしまうかもしれないといっても過言ではないのです。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉