後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは

【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは

ここでは、事業承継のひとつの手段である「M&A」の基本情報についてまとめています。

M&Aによる事業承継とは

俗に言われる「合併」「買収」「提携」などが、M&Aによる事業承継の種類となります。

そのM&Aの手法には、株式譲渡、事業譲渡、合併、株式交換、新株発行、会社分割などがあり、このうちもっとも一般的なのが株式譲渡となります。

株式譲渡によるM&Aは、その会社の資産すべてを引き継ぐわけですが、一見単純なもののように思えて、実はそう楽観的なものでもありません。

なぜなら、その「すべての資産」には、譲受会社側にとって不要な資産だけでなく、負債も含まれるためです。

それ以外の事業譲渡の方法には、好きなものだけを選んで購入することができるものもありますが、手続きが煩雑だったり、従業員の同意を必要とするなどのデメリットもあります。

どのような手法を採るかは、譲渡会社、譲受会社、それぞれの特徴を踏まえて検討するようにしましょう。

ここではまずM&Aが生み出すメリットに、おもに注目して、M&Aとはどのような手法なのかを紹介していきます。

M&Aのメリットとは

M&Aによる事業承継には、さまざまなメリットがあります。

もちろん、譲渡する企業だけでなく、譲受する企業にとっても、恩恵が受けられる手法です。

譲渡企業側のメリット

  • 会社を存続させることができる
  • 従業員の雇用を守ることができる
  • 取引先との関係を維持することができる
  • 事業の拡大や発展が期待できる

譲受会社側のメリット

  • ノウハウや販路が確保されているので、短期間で事業を成長させることができる
  • 新規事業や異業種にも参入できる

このようなメリットを本当に享受すべきと考えるのであれば、M&Aによる事業譲渡を考えてもよいのではないでしょうか。

どのような手順でM&Aを行うか

実際にM&Aを行うときには、仲介会社に依頼するのが一般的です。

M&A仲介会社に依頼することで、多くの会社の中から、自分の会社にマッチした相手を見つけることができますし、交渉を有利に進めてもらうこともできます。

ここでは、M&Aの基本的な流れや、目安となる仲介手数料の相場についてもまとめていますので、参考にしてみてください。

また、会社を消滅させる「清算」と、M&Aのメリット&デメリットについても比較しています。

すべてが消失する会社の清算を考える前に、よりメリットの多いM&Aを検討してみるのは、けっして損なことではないはずです。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉