後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは » 仲介手数料はどのくらい?

仲介手数料はどのくらい?

M&Aの仲介会社に依頼した場合、どれくらいの経費がかかるのか、その目安となる手数料についてまとめています。

気になる!M&Aの仲介手数料

M&Aを仲介会社に依頼しようと考えた際、気になるのがその費用です。

お金画像M&Aに必要な費用には、大きく分けて「着手金」「成功報酬」があります。仲介会社によっては、これに「中間金」「月額報酬(リテーナーフィー)」などがかかる場合もあります。

それぞれの費用について簡単に説明すると、着手金は、仲介会社と契約を結んだ時に発生します。最終的にM&Aが成立しなかった場合でも、返金されないのが一般的です。

仲介会社によって金額は異なりますが、50~100万円というのが相場のようです。

最近では、着手金が無料という仲介会社も増えています。

中間金は、基本合意書の締結時に支払われます。M&Aが成立すれば、この中間金は成功報酬に含まれる場合もあります。

この金額も、会社によってさまざまですが、成功報酬の10~20%というところが多いようです。

また、それほど多くはありませんが、毎月の月額報酬を支払うところもあります。その金額は月に30~50万円と、これも仲介会社によって変わってきます。

手数料や中間金は取らず、手数料は成功報酬だけという仲介会社もたくさんあります。

成功報酬は、最終契約が締結された時点で発生します。つまり、M&Aが成約したときです。

成功報酬もしっかり確認を

成功報酬については、多くの仲介会社でレーマン方式を採用しています。

レーマン方式とは、取引金額に一定の料率をかけて算出する方法です。

株式譲渡価格 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億円以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

※仲介会社によっては、最低報酬額が設定しているところもあります(500~2,000万円程度)。

こうしてみると、どの仲介会社に依頼しても成功報酬は変わらないように思われますが、この「株式譲渡価格」にあたるものが、会社によって異なります。

株式譲渡価格を「時価の総資産額」としているところもあれば、「時価の純資産額」としているところもあります。

一見、同じに見えてしまいますが、総資産は、純資産と負債を合わせたものであり、純資産には負債は含まれません

つまり、株式譲渡価格が総資産である場合、純資産の場合と比べて、支払う手数料が多くなってしまうのです。負債が大きい会社であれば、そのぶん手数料も高くなります。

したがって、株式譲渡価格が何を指しているのか、仲介会社と契約を結ぶ前にしっかり確認しておくことが大切です。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉