後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは » M&A会社に依頼するメリットとは

M&A会社に依頼するメリットとは

企業を存続させるため、M&Aによって事業承継を引き継ぐことは、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

M&Aを行うことのメリット

「M&A」と聞くと、意にそぐわぬ会社の買収をされるかもしれないと、身構えてしまうオーナーの方もいるかもしれませんが、しっかりした仲介会社に依頼すれば、それほど怯むことはありません。

意思に沿ったM&Aを行った場合、一般的には、次のようなメリットがあるといわれています。

売り手側のメリット

会社を存続させることができる

中小企業にとって大きな問題となるのが後継者の不在。後継者がいないことによって会社を存続させることができなかったというケースも少なくありません。

しかし、M&Aによって、譲渡先が見つかることで、会社を存続させることができます。

また、一般的には、M&A後も会社名をそのまま使用することが多いので、従業員や取引先も混乱せず、安心して仕事を続けることができます。

従業員の雇用を守ることができる従業員の雇用を守れるのか

事業承継をする際、経営者にとって大きな気がかりとなるのが、従業員の雇用です。会社の経営が思わしくない、後継者がいないなどの理由で会社を清算してしまっては、従業員の行き先がなくなってしまいます。

M&Aによって事業承継がなされれば、従業員の雇用もそのまま守られます。経営が安定することで、給与や賞与などの処遇がさらによくなることも期待できます。

取引先との関係を維持することができる

経営者にとっては、従業員の雇用と同じくらい、取引先との関係を維持することは大切なことです。

M&Aによって会社が存続することで、取引先の不安も払しょくでき、その関係も変わることなく引き継がれていきます。

事業の拡大や発展が期待できる

M&Aでは、自社よりも大きな規模の企業の傘下に入ることになります。そのため、資金不足の不安も解消され、販路が拡大し、さらなる事業の発展が期待できます。

社内体制が整うなど、企業体質の強化にもつながるので、従業員のモチベーションも上がります。

買い手側のメリット

短期間で事業を成長させることができる

M&Aによって、従業員や取引先、販路、ノウハウなどがすでにできあがっているので、速やかに事業を展開することができます。

弱い部門を強化したり、新規事業や異業種に参入することができる

譲渡会社の技術やノウハウを取得することで、既存の事業を強化することができます。

また、これまで参入できなかった新規事業や異業種に対しても、すでにその事業で実績を出している企業を買収することにより、低リスクで参入することができます。

M&A仲介会社に依頼するメリットは?

通常、M&Aによる事業承継を行う場合には、仲介業者に依頼することがほとんどです。

優秀なM&A仲介会社は、M&Aという視点から「業界や競合他社」について高い知見をもち、相手候補企業を見つけることに役立ちます。

また、財務や法務などについての専門知識をもっていますし、M&Aの経験も豊富です。

独自のネットワークをもっているので、たくさんの候補の中から、理想的な買い手や売り手を見つけることができますし、豊富な実務経験から、成立までの時間を短縮できたり、適正な条件での交渉を進めてもらうことも可能となります。

従業員や取引先、もちろんご自身にとっても幸せになりたいとお考えなら、ぜひ任せられるM&A仲介会社を探してみてください。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉