後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは » どんな流れで譲渡するのか

どんな流れで譲渡するのか

コンサルタント会社にM&Aを依頼した場合、どのような流れで事業承継が行われていくのかについて解説していきます。

コンサルタント会社におけるM&Aの手順

基本的なM&Aの流れ

1.M&Aコンサルタント会社に個別相談

M&Aの仲介会社を選定し、相談の申し込みをします。コンサルタント会社によっては、無料相談を実施しているところもあるので利用してみましょう。

2.企業戦略の立案M&Aの流れとは

企業の事業分析をし、経営戦略などを策定。M&Aを行う目的、M&A後の事業戦略などを提示してもらいます。

3.譲受企業の選定

目的に応じて、事業内容や会社の規模、業績などから相手先の候補を選定していきます。

4.相手先企業の調査

選定した譲渡先企業について、財務内容や経営体制などを調査していきます。

5.企業評価(バリュエーション)

提出した資料に基づいて、依頼主である譲渡企業の株式売却想定金額を算出。中小企業の場合はおもに、時価純資産価額に、収益性を考慮した営業権を算定し、その合計を企業評価額とする「時価純資産価額法」という方式が採られています。

6.相手先企業との交渉

選定した譲受企業と、基本的な売買条件についての交渉を行います。

7.基本合意

基本的な売買条件に対し、双方で合意が得られれば、基本合意書が締結されます。株式の売買金額や従業員の処遇など、この時点で決められる条件についてはすべて記載するようにします。通常、基本合意書に違約金は発生しません。

8.デューデリジェンス

譲受企業側が、譲渡企業側について、会計や法務、人事、資産、収益力、リスクなどを詳細に調査して評価します。一般的には、会計事務所や法律事務所などの専門家によって行われます。

9.最終条件交渉

デューデリジェンスの結果に基づいて条件などについて再調整をし、改めて売買条件が提示されます。基本合意時で決めきれなったその他の条件についても提示され、最終的な意思決定を行います。大手企業の場合は、情報開示の方法についても協議のうえ、決定されます。

10.売買契約締結

最終条件について、双方で合意が得られれば、株式売買契約を締結します。

11.クロージング

資産や株式の引き渡し、代金の支払いを行います。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉