後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは » M&Aによる事業承継の方法とは

M&Aによる事業承継の方法とは

事業承継をM&Aで行う場合、どのような手法があり、どのように進められるのか。ここではM&Aによる事業承継の方法についてまとめています。

M&Aで事業承継を行うメリットとは

事業承継にはメリットがある

そもそもM&Aというのは、「Mergers and Acquisitions」の略です。「Mergers」は合併、「Acquisitions」は買収を意味します。

あるいは、合併や買収のほか、提携を含める場合もあります。

そんなM&Aには、譲渡企業と譲受企業の双方にメリットがあるため、会社を存続させるために注目されている手法なのです。

譲渡企業のメリット

  • 事業承継問題が解決できる
  • 従業員の雇用や取引先との関係など、企業をそのまま存続させることができる
  • 販路が拡大したり、事業が拡大する可能性がある
  • 後継者を育てる必要がない
  • 資金を調達する必要がない
  • 創業者の利潤が確保され、個人保証が解除される

譲受企業のメリット

  • 顧客や販売拠点、人材、ノウハウがすでにあるため、ゼロから事業を立ち上げる場合に比べ、短い時間や少ないリスクで事業を拡大することができる

さまざまな種類があるM&Aの手法

M&Aの手法としては、主として「株式譲渡」「事業譲渡」「合併」「新株発行」「株式交換」「会社分割」などが挙げられます。

株式譲渡

譲渡会社が譲受会社に株式を売却することによって経営権を移転させる方法。株主と社長が代わるだけで、手続きが簡単ですぐにできるので、中堅企業や中小企業のM&Aとしては一般的な手法。ただし、不要な資産や負債も引き継がなければならない。

事業譲渡

資産や人材、負債など、譲渡側の事業を譲受会社に売る方法。買い手である譲受会社は、譲渡会社のもつ事業のうち、好きなものだけを選んで購入することができる。

ただし、個別に選定するのが煩雑である、従業員の同意が必要などのデメリットも。

合併

譲受会社が譲渡会社を包括的に吸収し、ひとつの会社にすること。いきなり合併を行うケースは少なく、株式譲渡をして譲渡会社を譲受会社の子会社にしてから、合併することが多い。

株式交換

譲受会社が、譲渡会社側の株主から株式を受け取って、その対価に譲受会社の株式を発行する方法。現金を使わずにすむが、譲受会社が上場会社でない場合では行われない。

新株発行

譲渡会社が新しい株式を発行して、譲受会社がその議決権の過半数を得ること。

会社分割

譲渡会社の事業の一部を、譲受会社に吸収させること。事業譲渡が個別に移転させるのに対し、会社分割はまとめて移転することができる。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉