後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 評判のM&A仲介会社・企業をピックアップ » 日本M&Aマネジメント

日本M&Aマネジメント

重要なのは当事者間が満足すること。友好的かつ戦略的なM&Aを目指す日本M&Aマネジメントの特徴とサービス内容、事業承継事例を紹介しています。

友好的&戦略的なM&Aを提案

  • 当事者同士の友好的M&Aを仲介
  • 戦略的M&Aの総合的アドバイスもしてくれる
日本M&Aマネジメントの公式画像
日本M&Aマネジメントの公式HP

契約当事者同士の友好的M&Aの仲介や斡旋を行っている日本M&Aマネジメント。潜在的なニーズを発掘して、解決策としてのM&Aの提案や、事業の目的を達成するための戦略的M&Aの総合的なアドバイス、具体的な解決案を提案してくれます。

また、企業を再生するための総合的なアドバイスや解決策を提供し、企業再生の支援も行います。

交渉戦術立案のための助言、弁護士や公認会計士などの専門家によるプロジェクトチームの組成、デューデリジェンスの実施、相手方企業の価値評価など、総合的なM&Aアドバイザリーサービスを行っています。

サービス内容

  • M&Aアドバイザリー業務
    企業の合併・買収および事業提携などの仲介や斡旋、企業提携戦略の構築、企業の評価や条件交渉、事業や組織の統合についてのアドバイスなど
  • 企業再生支援業務
    企業の事業評価や再生計画の構築・支援、経営面や財務面のリストラクチャリング戦略の構築、企業再生に必要なファイナンスの支援、CEO、CTO、CFOの人材投入を通した人的支援など

無料相談

記載なし

会社概要

会社名 日本M&Aマネジメント株式会社
所在地 本社:東京都港区芝大門1-10-11 芝大門センタービル10F
設立年 2003年4月
料金体系 記載なし

日本M&Aマネジメントの事業承継事例

Case.1

65歳になった社長が後継者を探したときに、優秀な技術者はいるものの、経営者にふさわしい人物がいなかった。また、社員の高齢化が進み、会社の将来を考えた時に、M&Aを検討。

社長退任後、従業員の退職や会社の離散を避けるべく、1年間は社長として留任。複数の買収候補先があったが、その思いをくんでくれる企業に引き継ぐことができた。

Case.2

後継者の不在により、事業承継を検討しはじめた会社。複数の買収候補先を紹介され、価格や条件はもちろん、それ以上に、顧客や従業員、株主の理解を得られるかが不安だったが、現状のまま引き継いでもらえることになり、満足できる結果に。

Case.3

経営資源の集中により、管、空調、土木工事を担う非中核事業の子会社の売却を検討していた電気工事会社。証券会社や大手M&A専門会社に売却依頼をしていたものの、買い手が見つからず、日本M&Aマネジメントへ依頼。

子会社の事業分析を重ねた結果、大手商社系の建材リース会社との交渉がまとまった。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉