後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

ロシェル

中堅企業・中小企業のM&Aをしっかりサポートすることで高い評判を得ている、「ロシェル」の特徴や事業承継事例を紹介します。

成立後までサポートしてくれると評判

  • 中堅企業、中小企業のM&Aに特化
  • 相談からM&A成立後までトータルサポート
ロシェルのHP画像
ロシェルの公式HP

中堅企業や中小企業のM&Aに特化し、積極的なサポートをしています。

案件ごとに、専任のM&Aコンサルタントが担当。成約まで一貫して受け持ってくれます。

相談から成約後のアフターM&Aまでトータルでサポートしてくれるので、最後まで安心です。

会社の母体は公認会計士事務所なので、税金についてのコンサルティングや法律問題にもしっかりと対応。専門家集団によるワンストップサービスです。

料金体系は、着手金0円、月額報酬0円、中間金0円の完全成功報酬制。成功報酬はレーマン方式によって算出されます。

売却希望の経営者向けに、無料でM&Aセミナーを実施しています。

サービス内容

M&Aアドバイザリー業務、M&A実務支援業務、企業戦略に関するコンサルティング業務など

無料相談

記載なし

会社概要

会社名 株式会社ロシェル
所在地 東京都千代田区神田佐久間町2-1 奥田ビル4F
設立年 1984年4月
料金体系 完全成功報酬制。着手金0円、月額報酬0円、中間金0円
取引金額 手数料率
5億円以下
5億円超~10億円以下
10億円超~50億円以下
50億円超~100億円以下
100億円以上
5%
4%
3%
2%
1%

ロシェルの事業承継事例

Case.1

譲渡会社は金融機関や保険会社のITシステム開発に関わる人材を派遣するIT業。経営環境の悪化により、事業部の売却を検討。譲受企業は工場をはじめ、メーカーの開発部門などにエンジニアを派遣する人材派遣会社。

つねにM&Aできる会社を探していた譲受会社が、ITシステムを開発している子会社との相乗効果が期待できると考えM&Aを決断。譲渡価格は、譲渡事業の年間利益を想定して算出。

Case.2

譲渡会社は老舗のビル管理会社。近年、経営が厳しくなり、税金も滞納。創業者である社長が亡くなり、社長夫人が株式を相続したが、新たに飲食店を始めたいと会社の売却を決意。譲受会社は全国展開している携帯電話の販売会社。新規事業として不動産関連の事業を始めていて、ビル管理事業のM&Aを行っていた。

譲渡会社は債務超過と多額の役員借入金があったため、役員借入金を返済することで債務超過を解消して、純資産をプラスにし、買収額を算定。譲受会社は入手困難な優良ビル管理先を1ヵ月で取得。

Case3

譲渡会社は関東地方にフィットネスクラブを展開している会社。株主が民事再生案件を買収して再建を図っていたが、再建完了に伴い事業を売却。譲受会社は全国にフィットネスクラブを展開している会社。M&Aを取り入れながら、事業を拡大してきた。

株式譲渡の場合、負債もついてくるため事業譲渡という形態に。譲渡会社は高利回りで投下した資金を回収することができ、譲受会社も短い間に店舗を増やすことができた。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉