事業承継とは?基礎知識まとめ

M&Aマガジン

 
M&Aマガジン HOME > 【知っておきたい】事業承継とは

【知っておきたい】
事業承継とは?

事業承継とは?

事業承継とは、会社の資産や株式、従業員などを後継者に引き継ぐことです。

とくに、中小企業の多い日本では、後継者不在の問題を抱えている会社が多く、事業承継に頭を悩ませている個人事業主や経営者が少なくありません。まずは、事業承継についての基本的な知識を押さえておきましょう。

事業承継とは?

そもそも事業承継とは

事業承継は、単なる「相続」ではない

事業承継とは?

事業承継とは、その名前の通り、事業を後継者に引き継ぐことです。

事業という言葉には、会社の経営権やブランド、取引先、負債など、事業とそれに関わるすべてのことが含まれます。そのため現金や不動産などのように、単純に相続することはできません。

中小企業の場合、取引先や顧客・ノウハウや技術など、会社の運営全体が経営者に依存している傾向があります。

事業を承継するときは、個人と法人の資産を慎重に区別し、対応しなければいけません。事業承継は、単なる相続ではなく、会社の未来に関わる重要な問題なのです。

事業承継は3つの要素で構成されている

事業承継は、事業のすべてを後継者に引き継ぐための手続きです。

事業承継は、主に「人」「資産」「知的資産」3つの要素で構成されています。それぞれを深く理解することで、より意味のある承継が実現できます。

また、スムーズに手続きを進めるには、できるだけ早い段階から計画的に準備をすることが大切です。

得られるメリットは何かを考えてみる

企業にとって、事業承継は必ず直面する問題です。

とはいえ、やみくもに事業承継を行えばいいわけではありません。事業承継を行う目的は経営者や企業によって異なるため、まずは自社が承継を行うことで得られるメリットは何か、事業承継で果たしたい目的は何なのかを考えてみましょう。

適切な相手を選ぶことで事業の成長が期待できる

事業承継を考える場合、後継者のパターンは親族、従業員、そして別会社等の第三者、といった3つが考えられます。

どの場合もメリットとデメリットがあるため、一概にこうすべき、と断言することはできません。手続きを終えるまでの大まかな流れや、よくあるトラブル例、成功させるポイントなどを踏まえ、自身のケースに照らして検討してください。

トラブルを想定した準備を進めておく

事業の引継ぎに、トラブルや悩みはつきものです。

というのも、税金や法律など、さまざまな問題が複雑に絡み合っているから。スムーズに手続きを進めるためにも、後継者対策・株価対策・株数対策・納税資金対策・遺産分割対策という5つの対策を覚えておきましょう。

知ることでトラブルは予防できる

事業承継は、株式トラブル、後継者トラブル、遺産分割トラブルといった、トラブルが起こりやすいものです。

これらを100%防ぐことはできませんが、トラブルの概要を知っておくことで、事前に対策を練り、トラブル発生のリスクを抑えることは可能です。事業承継をする際に注意したいトラブルについて解説します。

形にすることでイメージがより鮮明になる

事業承継を考える際、その計画を形として残しておくと、さまざまなメリットがあります。たとえば行動を起こすきっかけになりますし、頭を整理するにも役立ちます。また、関係者と話し合いながら計画を立てることで、無用な衝突を避け、スムーズな事業承継も実現できます。押さえておきたい事業承継計画書の作り方も紹介します。

株式を譲渡するだけで事業承継が完了する

株式譲渡による事業承継は、数ある事業承継の中でも特に簡単なものです。

株式の持ち主が変わるだけなので、取引先や顧客、従業員などはそのまま維持されます。負債や不要な資産まで引き継ぐことになったり、膨大な税金を支払わねばならないといったデメリットもありますが、事業承継を考えるなら、知っておいて損はないでしょう。

法人向け生命保険で資金調達ができる

事業承継には相応のコストが掛かります。そうした将来の資金需要の財源確保におすすめなのが、法人向けの生命保険です。

法人向けの生命保険は、数こそ多くありませんが、貯蓄と節税を同時に行える性質を持っています。押さえておきたい法人向け生命保険の種類や、そのメリット・デメリットを解説します。

相続税・譲渡税を100%免除してもらえる

事業承継税制とは、後継者に事業を引き継ぐことで、本来発生する相続税や譲渡税を100%免除してもらうことができる制度です。

利用するには諸条件をクリアする必要がありますが、そういった手間を考えても節税メリットが非常に大きいため、事業承継を考えている経営者の方はぜひ検討されることをおすすめします。

経営者の抱える事業承継問題

後継者不足により経営者の高齢化が進んでいる

事業承継とは?

以前は、中小企業は現経営者の子供が引き継ぐのが当たり前でした。

しかし現在、幅広い業界で市場の縮小が進み、先行きは不透明です。また、情報革命が起き、職業も多様化しています。必ずしも子が親の事業を引き継ぐ必要はない、という風潮が生まれています。また、子供を後継者にしたいと考える経営者も、昔ほどは多くありません。

そうした背景もあり、近年後継者不在の問題に悩まされる中小企業が急増。引継ぎができないため、経営者の平均年齢も20年以上右肩上がりです。

後継者不足は、日本の産業界の将来を左右する、非常に深刻な問題となりつつあります。

事業承継がうまくいかず、廃業に追い込まれてしまうことも

後継者不在により、業績に問題はないのに廃業に追い込まれてしまう企業も増えています。「2017年版中小企業白書」によると、休廃業・解散をした会社の件数は、2016年に過去最多となりました。

日本の人口減少には歯止めがかかりません。30年後には、今よりも約20%人口が減少すると予測されています。国内市場は間違いなく縮小し続けます。

体力のある企業は、海外に事業を展開したり、新しい分野に参入したり、生き残りの選択肢も豊富ですが、中小企業が本業とリスクヘッジのための投資を両立することは容易ではありません。

そうした状況を打破するためのカギが、事業承継にあります。若い世代ならではの着眼点で優れた事業を展開したり、事業譲渡で大資本の傘下に入ったり、やり方次第で事業の存続はもちろん、事業の成長や拡大も期待できます。

政府もそうした次世代へのバトンタッチを促進するため、事業承継に関連する制度の整備や拡充を進めています。今こそ中小企業は、事業承継について真剣に考えるときなのです。

経営者の交代には、時間も労力もかかります。できるだけ早く事業承継について取り組むことが、スムーズに事業を受け継ぐ秘訣だといえるでしょう。

考えられる3パターンの後継者

事業承継には、子供やその他親族を後継者とする「親族内承継」、すでに会社で働いている従業員や役員を後継者とする「従業員承継(MBO)」、第三者を後継者とする「M&A」という3つの方法があります。

親族内承継は、従業員や取引先の理解が得やすく、準備に手間が掛からない点がメリット。ただし、そもそも後継者候補に跡を継ぐ意思がなかったり、親族内に適格者が見つからないデメリットがあります。また、候補が複数人いる場合、トラブルになる可能性も捨てきれません。

従業員承継は、後継者が会社の事業に精通しているため、引継ぎや教育の手間がかからない点がメリットです。ただし、慎重に準備を行わないと、株式を買い取るための資金繰りで躓く可能性があります。

最後にM&Aですが、後継者問題が解決し、譲渡代金が手に入る点が大きなメリットと言えるでしょう。交渉条件によって、社名を残したり、従業員として会社に残ったり、さまざまな解決策を模索できるのも魅力です。

事業が自分のものではなくなる、というのはデメリットと言えばデメリットですが、後継者不在で廃業することを考えれば、最善の手段であると言えます。

事業承継に強いM&A仲介会社厳選リスト事業承継に強いM&A仲介会社厳選リスト