早わかりM&Aマガジン > 【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは > M&A会社に依頼するメリットとは

【事業承継の一手段】幸せになれるM&Aとは

M&A会社に依頼するメリットとは

専門家の知見により解決策の選択肢が広がる

M&Aの取引は煩雑です。そのためほとんどの場合、間に専門家が入ります。専門家の役目は、ただ取引を仲介することではありません。相談者の要望や状況を把握し、本質的な課題解決を支援することです。

そもそもM&Aのメリットとは何で、専門家はどのような支援をしてくれるのか、具体的に見ていきましょう。

M&Aによる売り手側のメリット

事業承継に関連する悩みを一挙に解決できる

言うまでもありませんが、M&Aをすることの最大のメリットは、その事業を存続できるという点です。

後継者がいない、経営がうまくいかないなどの理由で廃業を考えている方でも、他社に売却することによって、大切に守ってきた事業を続けることができます。

もちろん、ただ事業が存続できればいい、という経営者はいないでしょう。事業を担う従業員や、関連する取引先、顧客に対する責任を全うできる、というのが土台にあるはずです。

M&Aは、そうした経営者の幅広い悩みをまとめて解決できる可能性を秘めています。一つひとつチェックしていきましょう。

会社を存続させることができる

後継者が不在の場合でも存続が可能

前述の通り、事業の存続はM&Aの最大のメリットと言えます。

現在、日本の産業界の後継者不足は非常に深刻です。とくに中小企業においてその影響は顕著で、業績は好調なのに後継者不在が原因で廃業してしまう企業が後を絶ちません。

そのため、M&Aで第三者に事業を譲渡して存続を図るという解決策がにわかに注目を集めています。

M&Aにはさまざまな形があり、「社名を残したい」「自身も従業員として働きたい」「従業員の雇用を守ってほしい」など、あらかじめ条件を設けて取引を行うことで、理想的な形で事業を存続できる可能性があるからです。

従業員の雇用を守ることができる

廃業による従業員への負担を解消できる

事業承継が難航した際、経営者にとって大きな気がかりとなるのが、従業員の雇用です。

廃業するということになれば、これまで会社に貢献してくれた従業員から職を奪うことになります。中高年の従業員の場合、再就職は難しい傾向にあり、従業員とその家族まで、路頭に迷わせてしまうことになるかもしれません。信頼を裏切る心理的負担は想像を絶します。

M&Aを上手に行えば、従業員の雇用は守られます。相手企業によっては、現在よりも好待遇で迎えてくれるかもしれません。

取引先との関係を維持することができる

廃業による地域経済へのダメージも軽減できる

経営者にとっては、従業員の雇用と同じくらい、取引先との関係を清算しなければならないことも重荷でしょう。とくに、その取引先の大口顧客であるならなおさらです。

M&Aを行う際、会社の存続についてはもちろん、取引先との関係を維持する条項を設けておけば、その信頼を裏切る心配はなくなります。場合によっては、M&Aで規模が拡大することで、取引先も恩恵を受けられる可能性すらあるのです。

長年事業を行っている企業が廃業すると、地域経済に少なからぬ影響を及ぼします。事業を存続させることは、地域経済を守ることにもつながるでしょう。

事業の拡大や発展が期待できる

大手の傘下に入ることでチャンスが広がる

M&Aでは、多くの場合自社よりも大きな規模の企業の傘下に入ることになります。安定した財務により、一層の事業の拡大や発展が期待できるでしょう。さらに、営業エリアや販路の拡大、資金調達が容易になるなどのメリットもあります。設備が整っていなかったために参入できなかった新規事業にも、チャレンジできるチャンスが増えるでしょう。

M&Aによる買い手側のメリット

買い手側にも多くのメリットがあるM&A

M&Aを実行する目的はそれぞれ異なりますが、得られるメリットは決してその目的の達成だけではありません。

事業成長にかかる時間と労力を削減できる

買収した企業は、必要な経営資源が揃っている

事業を成長させるには、従業員の教育、販路の確保、ノウハウや技術の獲得など、多くの時間と労力が必要となります。M&Aによって、すでに出来上がっている状態の企業を買収することで、その時間や労力を削減することができます。

企業の買収には、多くの資金が必要となります。しかし事業を成長させるための時間や労力を削減できるという点では、マイナスにはなりません。前述したように他にも享受できるメリットがあるということを考えると、企業にとってはプラスとなる選択でしょう。

事業の拡大・多角化・新規参入が期待できる

売り手企業の資産を活用したステップアップ

不動産や設備、技術やノウハウ、取引先、流通網などの資産を全て取り込むことができるため、買い手側の企業は、事業規模の拡大が期待できます。

まず技術やノウハウは、既存事業の強化に大きく役立ちます。また業種や事業内容の違う企業を買収することによって、新規事業への参入も可能となります。すでにその分野で実績のある企業を選ぶことで、新規でビジネス構築のリスクの軽減につながるでしょう。

M&A仲介会社に依頼するメリットは?

相手探しや交渉の代行、経営戦略の立案などを幅広く支援してもらえる

M&Aには戦略が不可欠です。それは、交渉に限ったことだけではありません。相手企業探しの段階から、入念に戦略を立てておく必要があります。

M&Aの相手企業探しは、割り符を合わせるようなものです。お互いの凸凹を合わせたとき、ぴったりはまる企業ほど理想的と言えます。「大手に多額で事業譲渡し、従業員の雇用も改善したい」「将来性のありそうな企業を安く買収したい」というような抽象的な希望では、仮にマッチングできたとしても、うまくいく可能性は高くありません。

そこで重要になってくるのが、M&Aの支援会社です。企業の凸凹(=財務状況や取引先、販路、従業員の技術、ビジョン等)を明確にするには、専門的な知識が少なからず求められます。M&Aの支援会社は、そうしたノウハウを豊富に蓄積しており、その会社が置かれている状況や経営者の希望、人となりを踏まえて、最適な相手企業の形を探し出してくれます。

また、自身の希望する条件についても、深堀して、より本質的な解決策を提示してくれることでしょう。交渉の代行はもちろん、合併後を見越した経営戦略の立案まで、きめ細かい支援が期待できます。

条件に合う相手企業をスムーズに探し、円滑にM&Aを行うためには、信頼できるパートナー会社を見つけることが非常に重要なのです。

事業承継に強いM&A仲介会社厳選リスト事業承継に強いM&A仲介会社厳選リスト