M&Aマガジン HOME > M&Aコラム > 企業買収を成功に導くM&A仲介業者の実力とは

M&Aコラム

企業買収を成功に導くM&A仲介業者の実力とは

中小企業が単独で企業買収を完結することは、容易ではありません。現実的には、M&A仲介業者にサポートしてもらうケースが多くなります。そこでM&A仲介業者の支援は、どのように活用できるのでしょうか。実際の成功事例をご紹介します。

M&Aに必要となる買収先企業の評価

M&A仲介業者は、全国に広がるネットワーク網を持っています。M&Aの相手先を見つけるため、その豊富な情報量から最適な企業を選定してくれるでしょう。さらにM&A仲介業者の役割は、それだけではありません。

いわば仲介業者は、自社内に公認会計士や税理士等の専門家を抱えるM&Aのスペシャリストです。買収先の企業の評価や、交渉において売り手と買い手の双方を最大限サポートし、シナジー効果が存分に発揮されるマッチングを実現してくれます。

M&A仲介業者を活用した成功事例

実際にM&A仲介業者を活用した成功事例は少なくありません。ここでは、その具体的な事例について紹介します。

事業承継問題を抱える同業他社を廃業の危機から救う

量産品中心の製造業を営むO社は、見込生産による量産体制に強みを持っていました。しかし、自社が事業展開する中国地区からの商圏拡大、および多品種小ロットの受注生産体制の構築を実現するために、M&A仲介業者に相談のうえ北陸地方のS社を買収。経営状態は良好であるものの事業承継問題に悩むS社を廃業の危機から救い、O社は事業拡大に成功しました。

垂直的な統合が生み出すシナジー効果で競争力強化を実現

コンピューター関連機器の製造で存在感を示すE社は、さらなる事業の拡大を模索していました。しかし、技術革新の早いこの業界では、生産体制だけではなく技術的な開発体制の構築が必要です。そこでM&A仲介業者に相談のうえ、事業承継に悩む技術開発型企業であるT社を買収します。心配された両社の従業員同士の交流も進み、狙い通りE社は事業拡大に道筋をつけることができました。

まとめ

中小企業が単独でM&Aを進めることは困難を極めます。買収を成功に導くためにも、その道のスペシャリストであるM&A仲介業者を活用してみてはいかがでしょうか。実際に、M&A仲介業者が戦略を成功に導いた事例は多くあります。最適なパートナーの選定、そして円滑な交渉のサポートを担ってくれるでしょう。

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/