企業買収までの手続きの流れ

目次

企業買収までの手続きの流れ

福谷陽子
法律ライター 福谷 陽子
企業買収までの手続きの流れについて解説します

企業買収の手続きはいくつかの段階を踏んで進められます。

情報収集や検討段階から始まり、M&A仲介業者との契約を経て、買収先企業との最終契約に至ります。

ここでは、その具体的な流れを詳しく解説していきます。

情報収集・検討段階

M&Aは、いきなり売り手と買い手双方のトップ面談から始まる場合もありますが、仲介業者を経由する場合が多数です。通常はM&A仲介業者に相談のうえ、条件に応じたさまざまな買収先候補の紹介を、買収先企業の名称を明かされないままに受けることから始まります。

検討した結果、相手に関心を持ち、より詳しい情報提供を望む場合はM&A仲介業者と秘密保持契約を締結し、M&A仲介業者から沿革や事業内容、組織体制、財務情報といったより詳しい情報提供を受けます。

M&A仲介業者との契約

M&A仲介業者から提示された売り手側企業の詳細情報を検討し、買収手続きを進めると決定したら、売り手側企業との交渉へ移ります。多くの場合、情報提供に協力したM&A仲介業者に間に入ってもらい、交渉を行います。このときにはM&A仲介業者との間で、M&A仲介会社が受け持つ業務内容や仲介する企業名、手数料などが記載された提携仲介契約を締結します。

その後は本格的に売り手側企業と交渉を進めます。売り手側企業、買い手側企業の双方の社長が顔を合わせるトップ面談や条件面の交渉。これらを経て、意向表明書と呼ばれる買収方法・買収金額などの提案条件が記載された書類を、買い手側企業から売り手側企業に提出します。

契約合意

売り手側企業が意向表明書の内容に同意したら、これまでに合意したおおまかな条件、M&Aのスキームなどが記載された基本合意契約を締結します。その後、公認会計士や弁護士などによるデューデリジェンス(財務調査・法務調査)を買い手企業から売り手企業に対して行い、その結果をもって買い手企業は買収に進むかどうか、最終的に判断します。

こうした一連の作業ののち買収の判断を下すことになれば、定款などの定めに応じて取締役会、株主総会を経て最終譲渡契約書を締結し、買収は成立です。

まとめ

企業買収は、最終的な契約書の締結のみで済むものではありません。秘密保持契約やM&A仲介業者との提携仲介契約といった複数の契約書を取り交わし、デューデリジェンスを経ながら、段階を踏んでいく進めます。買い手と売り手の双方が納得できる、後悔のない契約締結を目指しましょう。

【監修者より】ひとこと

福谷陽子2
法律ライター 福谷 陽子
監修者について

企業買収に着手して最終譲渡まで進めるには、さまざまなステップを踏む必要があります。まずは相手方探し、トップ面談、条件交渉、基本合意、デューデリジェンス、最終譲渡契約などの手続きが必要です。各段階において専門的な知識と対応を要求されるので、自社のみで進めるのは極めて困難です。

M&A仲介会社や税理士、会計士、弁護士などのサポートを得ながら慎重に進めていきましょう。確かに専門会社に依頼すると費用がかかりますが、M&Aが成功すればかけたコスト以上のリターンを得られます。

M&A仲介会社一覧へ

更新日:2019-11-25

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?