他社の子会社買収後のプロセスとは?

目次

他社の子会社買収後のプロセスとは?

PDCAイメージ

自社の事業を加速させるために、他社の子会社を買収するケースが相次いでいます。2018年末には人材派遣で有名なパーソルテンプスタッフが、同業のアヴァンティスタッフ株式を取得し子会社化したことで話題になりました。

ただ、買収だけですぐにプラスの効果が出るわけではありません。自社の事業として機能させるまでには、多くのプロセスが発生し、費用や人的工数を多く割いて取り組む必要があります。こちらでは話題の子会社買収について、具体的なプロセスを解説しましょう。

他社の子会社買収後の具体的なプロセス

ここで重要なポイントは、「他社の」子会社を買収するという点です。子会社としては親会社が変わるため、あらゆる環境を買収先に移行しなければなりません。M&Aが話題にのぼったとき、現場ではどのようなことが行われているのでしょうか。

移行プランの策定

ホームページやシステム、ネットワークや電話などのインフラをどのようなやり方で移行していくのか、移行プランを作成していきます。

元親会社との移行プランの合意

全体の移行プランだけではなく、移行するもの一つずつに対してプランを作成し、元親会社と会議を重ねて合意を得ていくことになるでしょう。

元親会社に依頼する作業に関する契約の締結

移行のためには、元親会社に実施してもらわなければならない作業があります。すでに親子関係は解消されているため、作業依頼はもちろん有償です。他社へ作業を依頼するように契約を結ぶことになります。

プロジェクト推進のための定期的なミーティングの開催

契約締結後は、ミスコミュニケーションを防ぐため、週に1回や隔週で定期的にミーティングを設ける形が一般的です。この場で話題となるのは、スケジュールの進捗共有やトピックの議論、課題管理などが主でしょう。

移行スケジュールのすり合わせ

遅くとも移行1ヶ月前までには、元親会社の担当者を交えて、移行スケジュールのすり合わせを行います。元親会社が最も気になる観点は、「どんな作業を自社に求められているのか」です。その観点を明確にしたうえで合意を得ていきます。

移行前リハーサル

元親会社も交えて移行前のリハーサルを実施し、問題点や課題を洗い出します。場合によっては、検証環境を準備できないケースがあるかもしれません。その場合は用意済みの手順書などを使い、机上でリハーサルを実施していきます。

移行本番作業

移行前リハーサルで洗い出した問題点や、課題を反映させた手順に沿って、移行本番作業を粛々と進めていきます。無理な移行を実施しないよう、作業前には必ず切り戻しポイントの設定が必要です。

移行後の機器撤去調整

移行が終われば終了ではありません。機器や回線、サーバーなど旧環境が残存している場合には、それらをすべて撤去することで、ようやく移行が完了します。

まとめ

事業拡大の手法として話題を呼んでいるM&Aですが、実際の現場ではここまでご紹介した通り、地道なプロセスを積み重ねています。金額を試算する際にも、ただ買収額を見積もるだけでは不十分です。買収後にも大きな費用がかかることを想定しておく必要があるでしょう。

更新日:2019-11-20

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?