企業買収における弁護士の役割とは

目次

企業買収における弁護士の役割とは

福谷陽子
法律ライター 福谷 陽子
企業買収における弁護士の役割について解説します

企業買収では、会社法を始めとして順守するべき法律が多数あり、相手先との契約書に法的有効性を持たせる必要もあります。

そんなときに頼りになるのが弁護士です。ここでは、企業買収を進めるにあたり必要不可欠な「弁護士」の役割について解説していきます。

買収手続きにおける弁護士の役割

企業買収手続きにおいて、どのようなフェーズで弁護士に依頼をするべきなのでしょうか。一般的に、弁護士がになうのは基本合意書や秘密保持契約、事業譲渡契約書などの契約書に関する手続きと、法務デューデリジェンスです。M&A仲介業者は相手先との交渉を行いますが、弁護士はそうしたM&A仲介業者の活動をサポートするのが一般的です。

ただし近年では、買収・売却候補の紹介から、買収対象あるいは売却対象の企業へのアプローチ、トップ面談の調整など、M&Aに関するすべてのフェーズに対応可能な弁護士も見られるようになりました。M&Aにおける弁護士の役割は拡大していると言えるでしょう。

企業買収に弁護士が必要な理由

一口に「企業買収」と言っても、会社法に基づく買収の形態は、株式譲渡、株式移転、合併、分割と多数あるので、売り手、買い手双方の要望にもとづいて最適な方法を選択する必要があります。こうした場合、求められる手続きも加味し、適切なアドバイスを受けるためには、会社法に明るい弁護士の持つ知見が必要となります。

また、選択するM&Aの手法にもより、買収手続きを進める過程においてさまざまな契約書も必要となります。契約書は、ただ単に作ればよいというものではなく法的有効性を持たせる必要があります。M&Aでリスクやトラブルを回避するため有効性の高い契約書を取り交わすには、弁護士との連携が強く求められます。

M&A仲介業者と弁護士の関係性

企業買収を進めるにあたり、弁護士に相談するべきか、M&A仲介業者に相談するべきか迷う方もいるかもれません。実際、近年ではM&Aの一連の手続きにおいて弁護士の存在が大きくなっており、M&A仲介業者と弁護士の役割が重なるケースも出てきました。「弁護士にすべて任せれば問題ないだろう」と考える方もいるはずです。

しかし、M&A仲介業者がもつ全国に及ぶネットワークは、買収先・売却先を探すうえでは欠かせません。両者のうちどちらかを選択するという視点ではなく、それぞれの強み見極め、協業体制を構築することが、M&Aを成功に導くカギといえるでしょう。

まとめ

企業買収を進めるプロセスにおいて、弁護士との連携は非常に重要です。企業買収手続きにおいて弁護士の役割は拡大しており、適切な買収方法の選択や契約書作成を中心に、様々な役割を果たしてくれます。

【監修者より】ひとこと

福谷陽子2
法律ライター 福谷 陽子
監修者について

M&Aを成功させるには、企業法務関係に明るい弁護士に相談をして契約書の作成や交渉、法務デューデリジェンスなどを依頼することが重要です。

ときどき法務デューデリジェンスをしない会社もありますが、それではM&A後にトラブルになる可能性が高くなります。

M&Aを進める際、M&A仲介会社と弁護士のどちらに相談をしても良いのですが、弁護士は全員がM&Aを取り扱っているわけではありません。不得意な人に当たると不利益を受ける危険性もあります。心当たりの弁護士がいないのであれば、まずはM&A仲介会社に相談をしてみて、提携弁護士の紹介を受けるのが安心でしょう。

M&A仲介会社一覧へ

更新日:2019-12-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?