M&Aマガジン HOME > M&Aコラム > 企業買収における弁護士の役割とは

M&Aコラム

企業買収では、会社法など順守するべき法律が多いうえに、相手先との契約書についても法的有効性を持たせなければなりません。そんなときに頼りになるのが弁護士です。ここでは、企業買収を進めるにあたり必要不可欠な、弁護士の役割について解説していきます。

買収手続きにおける弁護士の役割

企業買収手続きにおいて、どのようなフェーズで弁護士に依頼をするべきなのでしょうか。一般的に、弁護士の役割は基本合意書や秘密保持契約、事業譲渡契約書などの契約書の手続きと、法務的なデューデリジェンスです。M&A仲介業者が相手先との交渉を直接行い、弁護士がそうしたM&A仲介業者をサポートするのです。

しかし近年では、買収・売却候補の紹介から、買収対象あるいは売却対象の企業へのアプローチ、トップ面談の調整など、M&Aに関するすべてのフェーズに対応可能な弁護士も見られるようになりました。M&Aにおける弁護士の役割は広がっているとも言えるでしょう。

企業買収に弁護士が必要な理由

企業買収と一口に言っても、会社法に基づく買収の形態は、株式譲渡、株式移転、合併、分割と数多くあります。売り手、買い手双方の要望に基づき、最適な方法を選択する必要があるのです。こうした場合、求められる手続きも加味し、適切なアドバイスを受けるためには、会社法に明るい弁護士の持つ知見が必要となります。

また、選択するM&Aの手法にもよりますが、買収手続きを進める過程では数多くの契約書も必要となります。そうした契約書も、ただ単に作ればよいというものではありません、法的有効性を持たせなければならないのです。M&Aリスクを回避できる有効性の高い契約書を取り交わすためには、弁護士との連携が強く求められます。

M&A仲介業者と弁護士の関係性

企業買収を進めるにあたり、弁護士に相談するべきか、M&A仲介業者に相談するべきか迷う方もいるかもれません。M&Aの一連の手続きにおいて弁護士の役割は拡大しており、M&A仲介業者と弁護士の役割が重なるケースも出てきました。「弁護士にすべて任せれば問題ないだろう」と考える方もいるはずです。

しかし、M&A仲介業者がもつ全国に及ぶネットワークは、買収先・売却先を探すうえでは欠かせません。両者のうちどちらかを選択するという視点ではなく、それぞれの強み見極め、協業体制を構築することが、M&Aを成功に導くカギといえるでしょう。

まとめ

企業買収を進めるプロセスにおいて、弁護士との連携は非常に重要です。企業買収手続きにおいて弁護士の役割は拡大しており、適切な買収方法の選択や契約書作成を中心に、様々な役割を果たしてくれます。

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

             
比較項目 日本M&Aセンター M&Aネットワークス
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
中間報酬 不明(要問合せ) 無料
成功報酬 対象資産額の1~5% 譲渡対価より算定
※総資産からの算定よりもリーズナブル
成約までの
スピード
6ヵ月~数年 2ヵ月~数年
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
M&Aネットワークス公式サイト
https://es-ma-networks.jp/