M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

福岡中央銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

福岡中央銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

福岡中央銀行では、主に外部の専門機関との業務提携を通じ、地域のニーズに応じたM&A・事業承継支援を提供しています。日本最大級のM&A仲介会社として知られる「株式会社日本M&Aセンター」との業務提携も締結済みなので、幅広いネットワークの中から最適な相手企業が見つかることでしょう。

またクロスボーダーM&Aについても、提携する「株式会社日本M&Aセンター」が得意とする分野。主にアジア圏への進出を検討している経営者に対し、力強いサポートを提供しています。

福岡中央銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

福岡中央銀行の公式HPでは、M&A・事業承継の手数料に関する情報を確認することができませんでした。具体的な手数料体系を知りたい方は、同行の本支店まで直接お尋ねください。

なお福岡中央銀行が業務提携をする「株式会社日本M&Aセンター」では、「着手金+譲渡価格×1~5%」を手数料の基本としています。案件ごとに手数料の額や率は異なるため、こちらも詳細は同社まで直接お問い合わせください。

福岡中央銀行のM&A/事業承継の流れ

福岡中央銀行の公式HPでは、M&A・事業承継の流れを確認することができませんでした。以下、参考までに同行が事業提携する「株式会社日本M&Aセンター」のM&A・事業承継の流れについて、売り手側の立場から見ていきましょう。

■事前コンサルティング

・事業承継診断
会社を承継する者が親族であるのか、それとも役員・従業員であるのかを確認。いずれにも後継者の候補が不在の場合には、必然的に第三者への事業承継、つまりM&Aを検討することになります。

■M&Aサービス<戦略立案>

・企業評価
総合的・客観的な視点から、売り手企業の評価を実施します。

・企業レポート発行
売り手企業の特性を分析した独自レポートを作成。アピールポイントを強調し、買い手候補企業から魅力的に見える内容を意識して作成します。

・買い手候補企業の週出・選定
広いネットワークを活かし、買い手候補となる企業を探索。候補となる複数の企業の中から、経営統合後のシナジー効果も考慮しながら、徐々に1社へと絞り込んでいきます。

■M&Aサービス<マッチング>

・買い手候補企業への提案
絞り込んだ買い手候補企業に対し、日本M&Aセンターの担当者が直接アプローチ。売り手企業の情報を提供し、買収に向けた意向を確認します。

・トップ面談
買い手企業側が買収に前向きな姿勢を示した場合、売り手企業と買い手企業のトップ同士で面談を実施。M&Aの目的や思いなどを確認し、互いの信頼関係を深めます。

・交渉・成約
トップ同士でM&Aへの意志を確認したのち、M&Aの具体的な条件交渉をスタート。買収価格、M&Aの実施スケジュール、M&A成立後後の売り手従業員の処遇などについて話し合いのうえ、互いに納得のできる条件を得られた場合、基本合意・デューデリジェンス(買収監査)・最終条件交渉を経てM&A契約を締結します。

■アフターサービス

・PMI
経営統合後のさらなる企業価値向上に向け、経営統合後も日本M&Aセンターから細やかなサポートが行われます。

福岡中央銀行のM&A・事業承継の事例・実績

福岡中央銀行の公式HPでは、同行が関与したM&Aの事例や実績が公開されていませんでした。よって以下では、同行が業務提携する「株式会社日本M&Aセンター」の公式HPを参考に、同社が手がけたM&A事例を2点ほどご紹介します。

・後継者不在問題を背景に大手企業の資本傘下へ
埼玉県に本社を置く食品CRO会社のA社。経営は順調であったものの、62歳の社長には後継者が不在だったこと、および受注する仕事量が多くなってきたことで事業体制を強化しなければならなかったことなどを背景に、他社の資本の傘下に入ることを決意。日本M&Aセンターの仲介により、東京に本社を置く調剤薬局B社のグループに参入することが決まりました。B社は東証二部に上場する大手企業。A社が理想としていた大手グループへの参入が実現しました。

・経営理念の一致が決め手となったM&A
宮内庁御用達の商品も手がける老舗の和菓子店C社。社長には2人の娘がいたものの、それぞれ事情があり親族承継は困難な状況でした。日本M&Aセンターに相談し、第三者への事業譲渡を検討。最終的には、同じ都道府県内にある大手和食レストランによる買収が実現しました。トップ同士の経営理念の一致が決め手だったと、C社の社長は語ります。

福岡中央銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.fukuokachuo-bank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.fukuokachuo-bank.co.jp/other/soudan.html
企業情報 https://www.fukuokachuo-bank.co.jp/annai/index.html
よくある質問 https://www.fukuokachuo-bank.co.jp/other/qa.html

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?