GCA のM&A・事業承継サービスの特徴

目次

GCAは、どこの資本系列とも関係しない、独立したM&Aアドバイザリーファームです。

外部からの影響を受けないため、アドバイザーとして顧客企業の価値の最大化にのみフォーカスしてさまざまな提案を行ってくれます。

東証一部上場企業でもあり、その信頼性は折り紙付き。

また、法人向けの有料会員制クラブ、GCAクラブを組織し、多くの企業にM&A関連の知識を共有しています。GCAクラブには、製造業、IT業、小売業、サービス業等々、幅広い業種の企業が参加。各担当によるポイントコンサルティングから、社内勉強会の実施、セミナーの開催などを通じて、顧客企業の価値の最大化を支援しています。

M&A形態アドバイザリー
クロスボーダーM&A

GCAは、上場企業、非上場企業を問わず、売り手企業および買い手企業それぞれの立場に寄り添ったサービスを行う独立系専業M&Aアドバイザリーファーム。PMIコンサルティングやデューデリジェンスにも対応しており、アセットマネジメント(資産運用)に関しても積極的にサポートしています。クロスボーダーM&Aの実績も豊富で、海外を視野に入れた経営者の方にも最適です。

GCAの報酬体系

報酬種別費用
着手金不明
中間金不明
月額報酬不明
成功報酬不明

GCAの報酬体系については、詳しく記載されていませんでした。おそらく案件の規模や内容ごとに変動するものと思われますので、まずはお問い合わせください。非上場企業にも対応していますから、規模的に不安がある方も気軽に相談できます。

GCAはどのようなM&Aサービスを提供しているの?

GCAのM&Aサービスは、まず売り手企業や買い手企業いずれかに寄り添ったアドバイザリー型であるのが特徴。デューデリジェンスやPMIまで外部業者に委託せずワンストップで提供できるため、情報漏洩のリスクもより少ないと言えるでしょう。

1.プロフェッショナルが揃う、独立系アドバイザリーファーム

GCAは、経験豊富なスタッフが揃う独立系アドバイザリーファーム。クライアントの立場に寄り添って適切なアドバイスを行ってくれるため、利害相反(どちらか一方が利益を得る反面、もう片方にとって不利益となること)のリスクも少なく、調和のとれたM&Aを実現できます。

2.東証一部にも上場しており、大手企業相手の実績も多数

M&A事業者の中でも東証一部上場企業は貴重ですが、GCAは2006年に上場を果たしています。実績を確認すると、国内外を問わず大手企業を支援した経験も多数。様々な業界から信頼を得ていることが窺えますね。

3.海外を対象とした案件が豊富で、海外企業の日本進出もサポート

GCA最大の魅力と言っても過言ではないのが、グローバルなM&Aの経験が豊富という点。世界18か所に拠点をもち、アメリカやカナダ、ドイツ、イギリス、スイスなど幅広い国の企業と取引を行っています。M&Aに留まらず、日本企業の海外進出や海外企業の日本進出も手掛けているため、活躍の場を広げたい経営者の方にとって強い味方となってくれることでしょう。

GCAのM&A事例・実績

GCAでは守秘義務の観点からか、基本的にすべての事例を社名のみで簡潔に記載しています。しかし2020年9月、事業承継部門「GCAサセクション」への依頼について東洋経済オンラインにて紹介されていましたので、1件ご紹介いたしましょう。

某業界A社(譲受)×建機リース業B社(譲渡)

成約までの期間:不明

数年前に創業者であった会長が急逝し、その奥様と取締役を務めていた娘さんが切り盛りしていたという建機リース業B社。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてもなお順調に経営を進めていましたが、更なる発展を考慮して公的機関へ相談した結果、M&Aという選択肢を知ったそうです。

大手をはじめ様々な仲介会社を検討したものの、結果的にはGCAサセクションへの依頼を決定。決め手としては「買い手と売り手にとって中立な立場ではなく、あえてこちらの視点に寄り添い、利益を最大化してくれる業者に頼みたかった」とのことで、GCAは中でも魅力的な会社に感じられたよう。

最終的には無事買い手企業に株式を100%譲渡することで、事業承継を完了。フィナンシャルアドバイザリーと仲介会社の違いを理解した上で、売り手企業側にとって納得のいくM&Aとなりました。

この他、GCAの下記ページには、数多くの事例が掲載されています。日本のみならず海外における案件も豊富に取り扱っていることが窺えるので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

GCAの最新情報

この他、GCAでは定期的に実績一覧が更新されています。簡潔ながら非常に多くの案件が記載されているので、ぜひご覧ください。

GCAは、このような会社におすすめです

GCAは、海外展開をM&Aで行いたい中堅・大手企業におすすめできる2004年4月に設立された独立型のM&A仲介会社です。

世界各国にもつ拠点を核に、海外進出・展開を総合的に支援

GCAは、日本を含むフランクフルト、ロンドン、ニューヨークなど、世界16カ国に拠点をもつグローバルな企業です。GCAは、各拠点を通じて世界市場で事業展開している企業と取引しています。

このため、国内だけでなく海外市場で事業展開を行いたい中堅・大手企業には、M&Aを含めて事業を成長させるためのビジネス戦略の立案から実行まで幅広く支援してくれる頼もしいパートナーになります。

M&A仲介の専門企業として高いノウハウと先見性により、支援企業に寄り添う

GCAの特徴は、M&A仲介事業に特化していることです。特にM&Aの活用により、事業収益の拡大を計画している企業には、「情報収集⇒状況分析⇒M&Aを含む成長戦略の提案⇒M&Aの実行」までのすべてのプロセスで、支援先企業のことを第一に考えてくれます。

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁
公式サイトhttps://www.gcaglobal.co.jp/
お問い合わせフォームhttps://www.gcaglobal.co.jp/global-network-contact/contact-us/
企業情報https://www.gcaglobal.co.jp/about-gca/who-we-are/
よくある質問記載なし

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-28

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?