北陸銀行

北陸銀行

目次

北陸銀行

北陸銀行
引用元HP:北陸銀行
https://www.hokugin.co.jp/
北陸地方と北海道が基盤の金融機関

富山県を中心に、北陸地方と北海道を基盤としている北陸銀行。非常に幅広い展開を行っていることで知られている金融機関です。2019年6月末の店舗数は、国内187(本支店145、出張所42)、また海外にも6店舗展開しています。

同行はほくほくファイナンスあるグループの一員。このことから、広域金融グループのネットワークなどを利用することで、地域の繁栄に貢献し続けてきました。このような背景から、北陸地方・北海道において取引のある顧客企業に確かな貢献をするとともに、三大都市圏で展開してきた事業基盤を生かしたM&A業務を進めています。

北陸銀行の特徴

特徴

広域展開を行っている

北陸地方・北海道・三大都市圏への展開

北陸銀行は、北陸地方・北海道・三大都市圏への広域展開を行っている点が大きな特徴。同行は銀行設立の背景から北陸三県に源流を持つとともに、古くから北陸地方の各地域にも根付いていることに加え、江戸〜明治時代にかけて北前船の商取引を支援する意味で大阪や東京、小樽、名古屋に支店を開設するなど、古くから広域展開を行ってきたという歴史があります。

そのため、北陸と北海道をつなぐ案件はもちろん、北陸地方と東海地方、北陸地方と関西地方の案件も成約しているといったように、非常に幅広い展開を行っている点が北陸銀行の特徴といえるでしょう。

特徴

提携先と連携し、M&Aの一連の流れをサポート

必要に応じて証券会社や会計士などと連携

企業がM&Aを検討する理由はさまざまなものがあります。例えば「後継者不足のために企業を譲渡したい」という希望や、「事業拡大を考えているため、企業の買収を希望している」など。北陸銀行では、それぞれのお客さまが抱えているニーズをヒアリングし、その内容に沿ったM&Aの計画立案から企業の評価、相手候補先の選定、条件交渉、契約書の作成に至るまで、一連の流れをしっかりとサポートしています。場合によっては、同行が提携している証券会社や会計士などの協力を得ながら、最適なアドバイスを行ってくれます。

特徴

日本M&AセンターよりM&A業務の取り組みが評価

これまでの成果が大きく評価されている

これまで多くのM&Aを手がけてきた北陸銀行ですが、その一連の取り組みが株式会社日本M&Aセンターより表彰を受けているのも大きな特徴といえるでしょう。日本M&Aセンターは、2013年度よりM&Aの取り組みについて優れた実績をあげている提携金融機関の表彰を毎年行っています。

北陸銀行では、日本M&Aセンターとの協働実績が最も多かった金融機関に授与される「バンクオブザイヤー」を第1回・第4回・第5回・第7回に受賞。また、MVPとして最も活躍した担当者ならびに、その担当者を排出した金融機関に授与される「バンカーオブザイヤー」も第2回・第6回に受賞しています。

北陸銀行のM&A事例

北陸銀行が手がけた具体的なM&A事例はHPには掲載されていませんでした。しかし、これまでに複数回バンクオブザイヤーを受賞してきた経歴からもわかるように、多くのM&Aを手がけてきています。

実際のM&A事例について知りたいという人は、直接北陸銀行まで問い合わせを行う必要があります。

着手金

M&Aの着手金に関する情報は、HPに記載されていませんでした。実際の着手金について知りたい場合は直接お問い合わせください。

成功報酬

M&Aの成功報酬に関する情報は、HPに記載されていませんでした。実際の成功報酬について知りたい場合は直接お問い合わせください。

最低手数料

M&Aの最低手数料に関する情報は、HPに記載されていませんでした。実際の最低手数料について知りたい場合は直接お問い合わせください。

その他付帯サービス

北陸銀行の経営・事業コンサルティングでは、M&Aに関する相談のほか、事業承継の相談や遺言委託、株式公開支援といった内容にも対応することができます。企業経営に関する幅広い相談に乗ってもらえるのが大きな魅力です。

口コミ・評判

北陸銀行のM&Aサービスに関する口コミや評判はありませんでした。

北陸銀行の事業を徹底分析!

営業部内の機能連携により、企業の課題を整理

コンサルティング営業部のうち、M&Aを対応するのは「事業継承をテーマにM&A・プライベートバンキングの業務をする第1グループ」となっています。第1グループのうち、M&AチームがM&A業務を担当していますが、コンサルティング営業部内の各機能を連携することにより、経営コンサルティングで企業の課題を整理することが可能。その後M&Aとビジネスマッチングにより具体的な提案を行うことができます。

現在、コンサルティング営業部内のM&Aチームは10名体制となっていますが、今後はさらなる増員の可能性も。また、提供サービスの質を向上させるためにも、行内研修の他に大手金融機関など外部機関への出向派遣を行うことにより、実務の経験やM&Aのノウハウの蓄積を行っています。

M&Aアドバイザリーサービスの流れ

北陸銀行では、次のような流れでM&Aアドバイザリーサービスを提供しています。

1.M&Aの申し込み

最寄りの北陸銀行または電話(076-423-7349/北陸銀行コンサルティング営業部 MAチーム)に申し込みを行います。

2.ヒアリング

M&Aに関する相談や後継者などに関して抱えている悩みや要望について、丁寧にヒアリングを行います。

3.企業価値評価

企業の財務分析や事業分析のサポートを実施。価格交渉の土台となるような企業価値の評価を行っていきます。

4.お相手候補の選定

企業の事業戦略に適合するお相手候補の選定をサポートします。

5.交渉サポート

交渉に関わる当事者の意向・目的を十分理解した上で、交渉の初期から最終段階までしっかりとサポートします。また、ケースによっては証券会社や会計士など、北陸銀行の提携先と連携。案件成立に向けた最適なチームを編成することにより、交渉を支援していきます。

北陸銀行の魅力ポイントは?

  • 北陸地方・北海道・三大都市圏への展開
  • 日本M&AセンターよりM&A業務の取り組みが評価
  • 営業部内の機能連携により、企業の課題を整理
  • 必要に応じて証券会社や会計士などと連携
  • 行内研修や出向派遣により、M&Aのノウハウを蓄積

事業承継の対策としてM&A業務の取り組みが評価されている北陸銀行。M&Aを専門的に扱うチームだけではなく、コンサルティング営業部内の各機能を連携することによって、顧客企業の課題を整理し、成長戦略への貢献を目指しています。また一連の流れの上では、必要に応じて提携先の証券会社や会計士との連携を行うことにより、よりスムーズなサポートを提供。同行内でもM&Aに関する研修を行ったり、大手金融機関やM&Aブティックなどの外部機関へ出向派遣することによって、ノウハウを蓄積しています。

また、何より北陸地方だけではなく北海道や三大都市圏といった、非常に幅広い展開を行っている点が大きな魅力といえます。

北陸銀行への問い合わせ方法

M&Aに関する問い合わせは、最寄りの店舗または電話(076-423-7349/北陸銀行コンサルティング営業部 MAチーム)にて行います。電話問い合わせは、銀行休業日を除く平日9:00〜17:00となっています。

北陸銀行の会社概要

会社名 株式会社北陸銀行
設立日 1943年7月31日
代表 代表取締役会長 麦野 英順
代表取締役頭取 庵 栄伸
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
URL https://www.hokugin.co.jp/
本社所在地 富山県富山市堤町通り1丁目2番26号
お問い合わせ先 北陸銀行コンサルティング営業部 MAチーム
076-423-7349

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?