経営共創基盤

目次

経営共創基盤

経営共創基盤公式HP
引用元HP:経営共創基盤
https://www.igpi.co.jp/
産業再生機構の中心メンバーによって設立

経営共創基盤は、産業再生機構の元COO、冨山和彦氏によって設立された経営コンサルティング会社です。

アドバイザリーファームや、銀行、バイアウトファンドといったM&A会社とは一線を画し、日本独自の経営スタイルにフォーカスしたコンサルティングを行っています。

たとえば、マネジメント層から現場まで、担当スタッフが深く入り込んで協業しながら変革を行う「ハンズオン経営支援」、企業や事業に対して、独自に資金投入して中長期的に改革を行う「自己投資+経営支援」など、M&Aに限らない幅広いサービスが用意されています。

単純に助言をするだけにとどまらず、当事者として事業に参画することで、より細かく柔軟な支援体制を実現しているというわけです。

経営共創基盤の
M&A形態について

特徴

常駐協業型のサポート

顧客企業に常駐し、きめ細かい戦略を立案

経営共創基盤では、M&Aを経営戦略のオプションとして捉えており、本当にM&Aが必要かどうかを、現場に入って入念にチェックする常駐協業型のM&Aサポートを行っています。実績豊富なスタッフが企業に常駐した上で、経営戦略とM&A戦略のすり合わせを行い、よりよい解決策を模索してくれるわけです。

特徴

経営戦略とM&A戦略を両輪で回してくれる

戦略立案のプロとM&Aのプロがチーム体制でフォロー

経営共創基盤では、経営戦略とM&Aの方向性にズレが生じないよう、双方にプロフェッショナルがついて、戦略的なM&Aを実施。顧客企業にとって企業価値を向上できる取引となるよう、経営戦略の立案から取引の実行まで、ワンストップでフォローしてもらうことができます。

特徴

PMIを見据えたM&A支援

M&A後の将来まで見据えた丁寧なサポートを実施

PMIとは、Post Merger Integrationの略で、経営統合を終えた後の過程を指します。経営共創基盤では、M&Aの段階から、その後のPMIにおける各案件毎の特性を踏まえて、具体的な施策を策定。M&Aの効果が早く表れるように、最大限の支援を行ってくれます。

経営共創基盤のM&A事例・実績

経営共創基盤は、M&A専門の会社ではありません。そのため、ニュースなどで表に出ている事例は少ないのですが、経営支援コンサルティング会社としては多くの実績を残しています。

以下に、経営共創基盤に関連するニュースを紹介します。

「君もまだまだ青いね」に切り返す一言--事業再生という仕事

経営共創基盤は、2007年に解散した産業再生機構専務の冨山和彦氏ら元幹部約10人が中心になって同年4月に設立。大手商社や金融機関が出資し、資本金は56億円。経営難に陥った企業を再生させるため、出資や経営人材を投入し企業合併・買収(M&A)やリストラなどで、支援企業の価値を高める。現在、チケット販売のぴあや、東北を中心にバス会社の経営支援などを手がけている。

出典:「君もまだまだ青いね」に切り返す一言--事業再生という仕事 - ZDNet Jaan
https://japan.zdnet.com/article/35043701/

経営共創基盤子会社みちのりHD、日立電鉄交通サービスを買収

経営共創基盤100%子会社のみちのりホールディングスは、日立製作所【6501】子会社の日立電鉄交通サービスの全株式を譲り受け100%子会社とすると発表した。

日立電鉄交通サービスグループは、茨城県県北エリアを広範にカバーする乗合バス事業、貸切観光バス・旅行事業、自動車運行管理業、レンタカー事業、タクシー事業を営む、地域を代表する交通・観光事業会社。

みちのりホールディングスは今後、日立電鉄交通サービスグループとみちのりグループ各社(岩手県北バス、福島交通、会津バス、関東自動車、東野交通、茨城交通、湘南モノレール、みちのりトラベルジャパン)との広域連携を推進し、日立電鉄交通サービスグループの事業の更なる発展に真摯に取り組んでいく。

出典:経営共創基盤子会社みちのりHD、日立電鉄交通サービスを買収|M&A ニュース速報 | M&A タイムス
https://ma-times.jp/54821.html

経営共創基盤は、
このような会社に
おすすめです

経営共創基盤の事業理念は、新規事業創出から事業立て直しまで、あらゆる産業、テーマ、地域の経営課題を、一気通貫で解決支援することです。

同社はこのことを実現するため、経営コンサルタント、投資会社の経験者、事業会社の経験者、公認会計士などの多様な人材を有しています。

企業の多様な経営課題に最適な支援策提案と高い実行力

経営共創基盤は、M&Aという1単発の手法ではなく、相談企業の状況を多方面から分析、検討して、幅広い支援策の中から、その企業に最適な方法を提案・実現してくれます。

したがって、総合的な観点から最も合理的な方法で経営課題を解決したい企業には、頼もしい支援機関となります。M&Aが最適な方法と判断されれば、実行支援をしてくれます。

企業のニーズや状況に合わせて投資を実行

経営共創基盤の事業目標の一つである、支援企業の事業再生と成長を実現するため、同社は自己投資、あるいは事業会社との共同投資と経営支援を積極的に行っています。

M&Aの資金調達やM&A後の経営課題を解決したい企業には、良きパートナーになります。

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

経営共創基盤の
会社概要

会社名 株式会社経営共創基盤
設立日 2007年
代表 冨山 和彦
資本金 43億円
事業内容 常駐的協業支援、成長支援、創業段階での支援、再生支援等
URL https://www.igpi.co.jp
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 グラントウキョウサウスタワー8階
お問い合わせ先 03-4562-1111

経営共創基盤を確認する

公式サイト https://www.igpi.co.jp

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?