M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

神奈川銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

神奈川銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

神奈川銀行内にM&A・事業承継支援の専門部署があるわけではありませんが、神奈川銀行からの紹介により、業務提携するM&A・事業承継支援会社からのサービスを受けることができます。具体的には、2019年に業務提携を結んだ「株式会社M&Aの窓口」、2020年に業務提携を結んだ「ビジョナル・インキュベーション株式会社」などが中心となり、神奈川銀行の法人顧客に対し、M&A・事業承継支援サービスを提供します。

なお、神奈川銀行および業務提携企業におけるクロスボーダーM&Aに関しては、情報を得ることができませんでした。

神奈川銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

神奈川銀行の公式HPには、同行のM&Aの仲介手数料に関する既述がありませんでした。手数料の詳細を知りたい方は、同行までの直接お問い合わせください。

なお参考までに、M&A支援において神奈川銀行が業務提携を結ぶ「株式会社M&Aの窓口」では、アドバイザーフィーとして最低200万円~の料金設定を基本としています(別途の料金項目もあります)。

神奈川銀行のM&A/事業承継の流れ

神奈川銀行の公式HPでは、同行によるM&A・事業承継支援の流れが記載されていませんでした。以下、参考までに神奈川銀行が業務提携を結ぶ「株式会社M&Aの窓口」の公式HPを参考に、同社が提供するM&A支援の流れをご紹介します(売り手企業の視点から)。

・相談
「株式会社M&Aの窓口」にて、譲渡を検討している会社の経営者から各種ヒアリング。会社が抱えている課題の解決法としてM&Aが有効かどうかを、専門的な視点から検討します。相談料は無料です。

・案件化
売り手企業の情報をまとめた資料を「株式会社M&Aの窓口」に提出。提出された資料を基に、同社が会社概要資料などの作成を行います。

・マッチング
買い手の候補となる企業の選定がスタート。当初は匿名にて買い手候補企業を探しますが、買い手候補となる企業が絞られていく段階で、売り手企業の意向を踏まえながら段階的に情報を開示します。

・譲渡交渉
買い手候補となる企業が1社に絞られたら、「株式会社M&Aの窓口」が仲介する形で、売り手と買い手による具体的な譲渡交渉を開始します。

・基本合意契約
売り手と買い手の譲渡交渉を経て、互いに納得できる条件まで達した段階で基本合意契約を締結。譲渡価格やM&A手法、M&Aスケジュール、M&A後の売り手従業員の処遇などを記した契約です。

・買収監査(デューデリジェンス)
買い手側から売り手側に対し、買収監査(デューデリジェンス)を実施します。買収監査とは、M&Aの実行に先だって売り手企業の内情を詳細に調査すること。財務、法務、人事、システム関連、取引先、簿外債務の有無等を専門家が詳しく調べ、得られた情報を譲渡価格の再評価やM&A後のスムーズな経営統合等に役立てます。

・最終譲渡契約
買収監査の情報を踏まえ、売り手と買い手が最終条件交渉を実施。互いに納得できる条件を得られた段階で、M&Aの最終譲渡契約が締結されます。

・クロージング
最終譲渡契約が締結された後、売り手から買い手に対して株式や資産等の移動が行われ、逆に買い手から売り手から譲渡対価の支払いが行われます。現場レベルでの各種統合も経て、M&Aの一連の流れが終了します。

神奈川銀行のM&A・事業承継の事例・実績

神奈川銀行の公式HPには、同行が仲介したM&A・事業承継の事例や実績が掲載されていませんでした。以下、同行が業務提携をする「株式会社M&Aの窓口」の公式HPを参考に 、同社が手がけたM&A事例を2つほどご紹介します。

・M&Aを通じて廃業を回避した大型設備電気工事会社
後継者不在問題を抱える中、経営者自身の体調悪化が重なり、やむを得ず廃業を検討するしか方法を見いだせなかった大型設備電気工事会社。普段からお世話になっている顧問税理士に相談したところ、従業員たちのためにも第三者への事業売却を検討すべきとの助言を受け、株式会社M&Aの窓口に相談。数社からのオファーを受け、トップ面談と条件交渉を経て、無事に株式譲渡が完了しました。

・社長急逝後の素早いM&Aで従業員の雇用が継続
カリスマ性のある社長のもと、安定的な業績で推移していた某社。ところが、会社の承継準備もないままカリスマ社長が急逝。経営者不在の状態で会社の存続が危ぶまれた矢先、株式会社M&Aの窓口のアドバイスにより速やかなM&Aが実現。会社は存続し、従業員たちの雇用も無事に継続することとなりました。

神奈川銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.kanagawabank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.kanagawabank.co.jp/public/soudan.html
企業情報 https://www.kanagawabank.co.jp/public/index.html
よくある質問 https://www.kanagawabank.co.jp/businessdirect/riyouqa_h.html

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?