M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

きらぼし銀行公式HPキャプチャ画像

きらぼし銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

きらぼし銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

きらぼし銀行は、東京都港区を本店として2018年に設立された地方銀行。新しい会社のように思われますが、実際には八千代銀行を存続行として東京都民銀行、新銀行東京の3行が合併して誕生したこともあり、都内の地方銀行では最大の規模を誇ります。

顧客の目的に寄り添ったM&Aアドバイザリーにも力を入れており、メガバンクや全国の地方銀行、証券会社、コンサルティング会社など幅広いネットワークを活かして最適な相手先企業の選定を心がけているそうです。事業承継はもちろん、昨今ではクロスボーダーM&Aにもより一層力を入れているようで、海外企業との取引を望む経営者の方にとっても頼もしい存在と言えるでしょう。

また、きらぼし銀行が属する東京きらぼしフィナンシャルグループは、コンサルティング専門の「株式会社きらぼしコンサルティング」も擁しています。そちらも業界や規模を問わず実績豊富で、きらぼしグループのノウハウを感じさせますね。2019年には事業承継や小規模M&Aのマッチングプラットフォーム「ビズマ(BIZMA)」を運営する株式会社ビジネスマーケットとも業務提携し、M&Aへの積極的な姿勢が感じられる企業です。

きらぼし銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 不明
中間金 不明
月額報酬 不明
成功報酬 不明

きらぼし銀行では、M&Aや事業承継に関する具体的な報酬体系について明かしていません。案件の規模や内容に応じて変動するものと思われますが、相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

きらぼし銀行のM&A/事業承継の流れ

きらぼし銀行のM&Aや事業承継における詳しい流れについては、記載がありませんでした。しかし、事業承継に関しても親族内承継、あるいは社員や招聘した人物への親族外承継それぞれのメリットとリスクを踏まえた上で適切なアドバイスを行っているようなので、後継者問題に悩んでいる方は一度ご相談ください。

きらぼし銀行のM&A・事業承継の事例・実績

きらぼし銀行では、具体的なM&Aや事業承継の事例を掲載していないようです。守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は窓口までお問い合わせください。また、グループ内のコンサルティング部門である「きらぼしコンサルティング」では、M&A事例が豊富に紹介されています。参考として確認しておきたい方は、下記をご覧ください。

参照元:きらぼし銀行公式HP|きらぼしコンサルティングのM&A業務の特徴

きらぼし銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.kiraboshibank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.kiraboshibank.co.jp/contact/
https://www.kiraboshibank.co.jp/hojin/keiei/manda.html(電話)
企業情報 https://www.kiraboshibank.co.jp/about/company/gaiyou.html
よくある質問 https://www.kiraboshibank.co.jp/faq/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?