M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

紀陽銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

紀陽銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

紀陽銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

紀陽銀行は、和歌山県に本店を置く地方銀行。和歌山県および和歌山市の指定金融機関として設定されており、県に本拠地を構える唯一の銀行でもあります。東京や大阪、奈良などにも出張所が存在するため、出張や転居の際にも便利です。

M&Aや事業承継サービスなど、経営コンサルティングにも幅広く対応。顧客それぞれのニーズに合わせて着実に実績を重ねており、専門的な知識に精通した本部スタッフが丁寧なサポートを行ってくれます。

クロスボーダーM&Aについては記載がないものの、海外進出や現地法人の設立といった海外展開支援は実施していますから、希望される方は一度相談してみてはいかがでしょうか。その他、不動産活用やビジネスマッチング、社員教育などの支援にも積極的とのことで、様々な選択肢を模索したい経営者の方にも最適な仲介業者と言えるでしょう。

紀陽銀行のM&A・事業承継の特徴

報酬種別 費用
着手金 HPで確認できず
中間金 HPで確認できず
月額報酬 HPで確認できず
成功報酬 HPで確認できず

紀陽銀行のM&A、および事業承継サービスの具体的な報酬体系については、記載がありませんでした。

おそらく、案件の規模や内容に応じて変動するものと思われます。

提携先である日本M&Aセンターを一般例としてご紹介いたしますと、基本的に「着手金+レーマン方式によって算定された成功報酬」を支払う形式となっています。

しかし、銀行独自の料金が設定されていることも多いので、詳しくは窓口までお問い合わせください。

紀陽銀行のM&A/事業承継の流れ

紀陽銀行では、一般的なM&Aの流れについて紹介されています。案件によって事情は変わってきますから、必ずしもこの通りに進むとは限りませんが、一例としてご参照ください。

M&Aの流れ

  1. 相談受付
  2. 基本スキーム検討
  3. 相手候補企業選定
  4. 相手候補企業へアプローチ
  5. 基本合意書締結
  6. 買収監査
  7. 最終契約書調印
  8. クロージング

また、事業承継のサービス内容についてもパンフレットに記載されています。それによれば、親族内継承から親族外継承まで対応しており、以下のようなサービスが行われるようです。

事業承継のサービス内容

親族内継承の場合

現状把握(株主・家族構成および納税資金準備状況)
簡易株価算定・株式移動スキーム提案
株価対策
納税資金準備の提案
税理士法人の紹介
株式買取資金・代表者借入肩代わり

親族外継承の場合

MBOスキームの提案
税理士法人の紹介
M&Aの提案(アドバイザリー契約)

親族外承継の場合、M&Aのアドバイザリー契約をしたのち前述したM&Aの流れを踏まえたサービスが行われる可能性もあります。後継者に心当たりがない方も、まずはご相談ください。

紀陽銀行のM&A・事業承継の事例・実績

紀陽銀行公式サイトでは、M&Aや事業承継の事例や実績について明かされていないようです。

守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は窓口までお問い合わせください。

関西みらい銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.kiyobank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.kiyobank.co.jp/inquiry/
企業情報 https://www.kiyobank.co.jp/investors/company_profile/
よくある質問 https://faq.kiyobank.co.jp/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-28

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?