M&A Bank

目次

M&A Bank

M&A Bank公式HP
引用元HP:M&A Bank
http://mabank.biz/
中小企業のM&Aに強い名古屋エリア(東海地方)のM&A会社

M&A Bankは、中小企業やベンチャー企業のM&A、事業譲渡に特化したサービスです。

東京と名古屋に拠点を置き、100万~1億円規模の案件を中心に扱っています。とくに名古屋を中心とする東海エリアに強く、他社にないオリジナル案件を豊富にラインナップ。M&Aニーズに合わせて、きめ細かい提案を行ってくれます。

運営母体が税理士法人であるため、独自に築いたネットワークにより、税務・財務を柔軟にサポート。買い手と売り手の間に入って、専門知識をもとに交渉をスムーズに進めてくれます。

案件情報を配信するメールサービスには、4000名以上もの経営者が登録されているとのことですので、そのマッチング力の高さは推して知るべしと言えるでしょう。

M&A Bankの
M&Aサービスの特徴

特徴

財務に詳しく、的確な助言をするアドバイザー

幅広い分野のプロフェッショナルが多角的にアドバイス

M&A Bankの運営母体である株式会社Bricks&UKは、税理士事務所、司法書士事務所、社会保険労務士事務所など幅広い分野のプロフェッショナルが揃う総合税理士事務所。

案件を担当するアドバイザーも税務・財務に精通したスタッフばかりで、買収にも売却にも、柔軟な提案を行ってくれます。

特徴

豊富にラインナップされるM&A Bank独自の案件

ネットワークを生かした案件の豊富さが魅力

M&A Bankでは、総合税理士法人ならではのネットワークを生かした情報収集が行われています。その強みを生かして、他社では扱われていない案件を豊富にラインナップ。実に8割以上が、M&A Bankのオリジナル案件であると謳われています。

もちろん案件の質も高く、メールによる情報共有と同時に多数の問い合わせがあるのだとか。

特徴

デューデリジェンスを一手に行える専門性

売り手企業の詳細調査に対応してくれる

買い手の希望により、売り手企業のデューデリジェンスを丁寧に行ってくれる点も、M&A Bankの強み。

財務デューデリジェンス、税務デューデリジェンス、ビジネスデューデリジェンス、法務デューデリジェンス、人事デューデリジェンスなどなど、ワンストップで幅広い詳細調査に対応。多角的に情報提供をしてもらえます。

M&A BankのM&A事例

M&A Bankが手掛けたM&Aの事例を3件紹介します。それぞれ業界や業種も取り上げていますので、M&Aによる事業の拡大や承継を検討している方は、参考にしてみてください。

譲渡事例

美容業界におけるM&A事例

譲渡企業
エステサロン
譲受け企業
エステサロン
今回のM&A成功でさらなる事業拡大を計画中

エステサロンの2店舗同時買収を考え、ネットでM&Aの情報収集をしている折、M&A Bankの存在を知ったA社長。前オーナーとの金額面の話は、アドバイザーが代行してくれ、円満に契約を成立させることができました。

税務、労務、行政書士が在籍しており、とんとん拍子で話が進められた点と、アドバイザーの人柄がよかった点が、特に評価されています。将来的には、さらに規模の大きいM&Aも計画中とのことでした。

譲渡事例

介護業界におけるM&A

譲渡企業
介護施設
譲受け企業
宅配弁当
3件の買収が成立し事業を拡大している

システム開発会社から、一転してヘルパー向けスクールや介護施設の運営を始めたM社。配膳サービス展開のためにM&Aを検討し、M&A Bankを頼りました。

しかし買収した企業は家族経営で、身内頼みの長時間労働によりようやく利益を出している状況。買収前に把握できなかったことを悔やんだそうですが、その後の事業整理により無事黒字に転換しました。M社はその後も3件のM&Aを行い、順調に事業を拡大しています。

譲渡事例

製造業界におけるM&A

譲渡企業
製造業
譲受け企業
複数業種
M&A Bank複数業種の買収に成功

製造業を中心に、いくつものM&Aを手掛けてきたM社長は、緻密な情報が得られるという点を理由にM&A Bankを利用しているそう。

他社では財務ハイライトや譲渡スキームといった情報提供にコストがかかるのに、M&A Bankはかかりません。資料のコストを気にせず、十分に買収するかどうかを検討することができるため、今後も質の高い情報を手に入れるためにM&A Bankを利用し続けたいと思っているそうです。

M&A Bankは、
このような会社に
おすすめです

M&A Bankは、東海地方と東京を中心に、ベンチャー・中小企業に特化したM&A仲介会社です。特に、500万円~2000万円前後が一番多い案件規模となっており、飲食店や美容院、製造業などのオーナー経営者へのMA&支援に強みを持っています。

独自のネットワークで売手と買手をつなぐ

M&A Bankは、メール配信登録を希望しているオーナー経営者4,000名以上に、新規の案件情報を配信しています。その結果、関心の高い経営者から反応があり、スムーズなマッチングを可能にしています。メール配信と共に、複数の経営者から手が挙がる案件が多く、迅速に対応することが可能です。

M&A案件を迅速に処理したいベンチャー・中小企業のオーナー経営者には、うってつけの支援スキームになります。

多様な情報提供力と具体的な支援に強み

M&A Bankのホームページには、M&Aに関する多数、かつ多様な質問に対する答えが掲載されています。これは、同社には税理士事務所、司法書士事務所、社会保険労務士事務所など幅広い分野の専門家がいることによります。

M&Aに不安を持ち多くの質問をしたい、あるいは情報収集したいオーナー経営者が頼れるパートナーです。

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

M&A Bankへの問い合わせ方法

公式ホームページのフォームを利用するか、事務所へ直接電話することで問い合わせができます。

M&A Bankの事務所は、東京と名古屋に展開されていますので、拠点の場所に応じて近い方を選ぶとよいでしょう。

また、LINE@やメール配信で案件情報が発信されているので、手軽に情報収集したいという方はそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

M&A Bankの
会社概要

会社名 株式会社Bricks&UK
設立日 公式サイトに記載なし
代表 梶浦 潮
資本金 公式サイトに記載なし
事業内容 税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所及び経営コンサルティング業
URL http://mabank.biz/
本社所在地 愛知県名古屋市中区丸の内2-18-25 丸の内KSビル7F
お問い合わせ先 東京03-6222-8541/名古屋052-228-0758

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?