M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

みずほ信託銀行‗公式HPキャプチャ

みずほ信託銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

みずほ信託銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

みずほ信託銀行に持ち込まれたM&Aや事業承継の相談は、信託銀行単独ではなく、みずほフィナンシャルグループ全体が、案件に応じた各部門の専門家が対応しています。一般的なM&Aアドバイザリーや事業承継に関する業務についてはもちろんのこと、クロスボーダーM&Aにも非常に熱心な姿勢。グループを率いるみずほ銀行では、2017年の方針転換によりクロスボーダーM&A事業を強化。欧米諸国のみならず、シンガポールや香港などのアジア圏に支社・新部署を設立し、今後増大すると予想されるクロスボーダーM&Aへのサポート体制・準備を着々と進めています。

みずほ信託銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 無料
中間金 合計成功報酬額の10%
月額報酬 無料
成功報酬 合計成功報酬額の90%

後述しますが、みずほ信託銀行のM&A/事業承継サービスは、みずほフィナンシャルグループ全体が協力して提供している点が特徴。また、みずほフィナンシャルグループではM&A・事業承継サポートについて、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社と業務提携を結んでいる、ということも念頭に置いておいてください。

上記手数料について、みずほフィナンシャルグループの公式HPではM&A・事業承継の手数料に関する情報を確認できなかったため、参考までに、業務提携を結んでいるM&Aキャピタルパートナーズの手数料をご紹介しました。

なおM&Aキャピタルパートナーズの成功報酬額の計算においては、レーマン方式と呼ばれる料率を採用しています。多くの場合、取引価格の1~5%の範囲で最終的な成功報酬額が決まります。

みずほ信託銀行のM&A/事業承継の流れ

前述の通り、みずほ信託銀行に持ち込まれたM&A・事業承継の相談は、みずほフィナンシャルグループ全体の案件として対応しています。ただし全体の案件とは言え、多くの場合、みずほ銀行が主体となってM&A・事業承継のサポートを実施。また、必要に応じて外部の専門会社である「M&Aキャピタルパートナーズ」の協力で案件を具体的に進行させることもあります。

以下では、みずほ銀行が行っている一般的なM&Aの流れについて、同社の公式HPを参照してご紹介しましょう。

フェーズⅠ:M&A戦略の策定と候補先への打診(1~3ヶ月)

みずほ銀行とM&Aアドバイザリー契約を締結したうえで、具体的なM&A戦略を策定に入ります。具体的には、みずほ銀行や同社提携企業が持つ企業情報の中から、M&Aの候補先となる企業を選定。最終的な候補へと絞り込み、みずほ銀行から候補先へM&Aの打診を行います。候補先とみずほ銀行との間では、M&Aのプロセスにおけるトラブル防止のため、秘密保持契約が締結されます。

フェーズⅡ:候補先との交渉(1~3ヶ月)

M&Aに関する基本条件の交渉、M&Aに使われるスキーム、M&Aプロセスのスケジュール、取引価格、売却側の従業員の処遇などを交渉したうえで、トップ同士による面談を実施。双方ともにM&Aの実行に前向きであることを確認した場合には、この段階で基本合意契約を締結します。

フェーズⅢ:M&Aの実行(1~3ヶ月)

買い手側から売り手側に対してデューデリジェンスを実施。デューデリジェンスの結果に基づき、改めて両社で交渉を行い条件の微調整を行います。必要に応じた監督官庁への届け出を行い、最終合意内容の詰めを行った後、両社の間で最終合意契約書を締結。以後、スムーズな経営統合のために、売り手企業は買い手企業に対して各種の協力・サポートを実施していきます。

なお、事業承継を希望する方で、すでに後継者が決まっている事例においては、みずほ信託銀行が単独で手続きをサポートしています。詳細はみずほ信託銀行の公式HPを確認するか、もしくは店舗に直接お問合せください。

みずほ信託銀行のM&A・事業承継の事例・実績

以下、M&A・事業承継においてみずほフィナンシャルグループと提携している「キャピタルパートナーズ」の公式サイトから、2つのM&A成約事例をご紹介します。

調剤薬局同士のM&A事例

譲渡会社は、四国を中心に西日本で調剤薬局を11店舗展開している未上場企業。経営はいたって順調だったものの、資本と経営を分離すべきという観点から、社長は自社をM&Aで譲渡することを検討。キャピタルパートナーズの仲介のもと、全国展開する大手調剤薬局との間で資本業務提携を結びました。

運送業同士のM&A事例

北関東で重量敷材の輸送業を展開していた譲渡会社。優良顧客に支えられて経営は順調だったものの、社長は業界そのものの将来性に対して不安を抱いていました。キャピタルパートナーズに相談を持ち込み、同じく関東にある運送会社に対して企業譲渡を検討。双方の誠実な姿勢が実を結ぶ形でM&Aが成立しました。

みずほ信託銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.mizuho-tb.co.jp/index.html
お問い合わせフォーム https://contact.www.mizuho-tb.co.jp/helpdesk?category_id=5&site_domain=default
企業情報 https://www.mizuho-tb.co.jp/company/about/index.html
よくある質問 https://www.mizuho-tb.co.jp/direct/faq/index.html

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-05

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?