エムレイス

目次

エムレイス

エムレイス
引用元HP:エムレイス
https://mrace.co.jp/
経営支援事業で豊富な実績を持つレイスグループのM&A部門

エムレイスは、2014年に創業されたM&A支援の専門会社。経営顧問業やスカウト・ヘッドハント事業で知られる「レイス株式会社」のグループ企業の一つです。

グループ全体の事業を通じて構築された企業ネットワークは、実に7,000社以上。業種やエリアを問わず、幅広いネットワークを構築済みなので、売り手側にも買い手側にも無理のないM&Aが速やかに実現することでしょう。

サービス料金は完全成功報酬型。着手金やアドバイザリー手数料は一切無料で、基本合意の締結時に200万円、取引終了の時点で成功報酬を追加的に支払う流れ。企業オーナーが安心してM&Aを検討できる明朗会計システムです。

また、「会社の現在価値を知りたい」という相談にも対応可能です。

エムレイスのM&A形態について

M&A形態仲介+アドバイザリー
クロスボーダーM&A

エムレイスは、事業継承について総合的な支援を行っている会社。

企業価値算定からM&A仲介、アドバイス、後継者のスカウトサービスなど幅広く対応しており、豊富なネットワークを活かして安定感のあるサポートを行ってくれます。

アジア企業を中心とした海外とのクロスボーダーM&A支援にも力を入れているため、グローバルな選択肢を考えている方にとっても心強い企業だと言えるでしょう。

エムレイスはどのようなM&Aサービスを提供しているの?

エムレイスのM&Aサービスは、中小企業・中堅企業を対象としたM&Aの実績が豊富なのが特徴。

「迅速」かつ「最適」なマッチングをコンセプトに、売り手企業と買い手企業双方にとってメリットの大きいM&Aを目指し仲介を行っています。

1.7000以上の中小企業をはじめとする、独自かつ幅広いネットワーク

7000を超える中小企業、および年間約25,000人のビジネスパーソンとの接点をもち、独自のネットワークを築いているのがエムレイス最大の特徴。

幅広い企業や専門家との繋がりがあるため、売り手企業や買い手企業としてM&Aに乗り出したい経営者の方はもちろん、後継者候補を探したい方にとっても有益な情報を提供できます。

2.非上場企業に対しても、上場企業であった場合に近い企業価値を算定

従来のM&Aにおいて、非上場企業の企業価値評価はそこまで重視されなかったと言われています。

なぜかといえば、株式時価総額をはじめとする具体的な指標が揃いにくかったから。

しかし、エムレイスでは現在の資産、事業運営の状況だけに留まらず、市場からの実際の評価も併せて企業価値を算定。

上場企業であった場合に近い企業価値を精査することで、買い手から過小評価されることもなく自社にふさわしいM&Aの手法を選ぶことが可能です。

3.着手金無料の良心的な料金体系

エムレイスでは着手金、およびアドバイザリー手数料は無料となっているので、まだM&Aの意志をはっきりと決めたわけではない…という経営者の方でも気軽に相談できます。

中間金も200万円と定額ですし、成功報酬はレーマン方式によって算出されますから、良心的な費用で依頼が可能です。

エムレイスの報酬体系

報酬種別費用
着手金不要
中間金200万円(基本合意締結時)
月額報酬不要
成功報酬取引金額に応じ、レーマン方式で算出

エムレイスの報酬体系は、着手金やアドバイザリー手数料、月額報酬などは不要と良心的なシステム。

基本合意締結時に200万円の中間金を支払い、あとは取引金額に応じてレーマン方式にて算出された成功報酬がかかります。

M&Aが現実的になるまでは無料なので、相手企業が見つかるか不安な経営者の方にとっても納得しやすいでしょう。

ただし、中間金は基本合意書の締結が行われた場合、最終的に成約に至らなくとも発生するため、その点には注意が必要。

また、買収監査や企業価値算定、専門家への依頼に関する実費はアドバイザリー手数料に含まれません。

エムレイスの口コミ・評判

従業員も役員も全員雇用継続!相乗効果を目指したM&A案件

いわゆる「選択と集中」または「経営スリム化」を目的として、他社への対象事業の売却を検討していました。

弊社としては、売却後の相乗効果が期待できるという意味で、上場企業に事業譲渡したいという意向。

その旨をエムレイスさんに相談したところ、エムレイスさんの顧客ネットワークを通じて、ある上場企業をご紹介いただきました。

エムレイスさんに相談してから、わずか2週間後に、その上場企業の担当者との面談が実現。

弊社の取り扱い商品ジャンルなどから、相乗効果が期待できると判断したようで、以後はM&Aの成立までとんとん拍子でした。

買収後の従業員は100%雇用。買収後の経営陣の地位も続投するなど、様々な条件を飲んでもらっての理想的なM&Aでした。

後継者不在問題
仲介の相談から僅か4ヵ月のスピードM&A

後継者が不在だったため、従業員の雇用を確保するために株式譲渡による事業売却を決意。

顧問税理士を通じてエムレイスさんのお世話になり、買い手候補として関西地方にある同業者A社をご紹介いただきました。

依頼から1ヶ月後、早くもA社の経営者との面談が実現。

弊社とは地域が異なるものの、弊社のあるエリアへの営業進出を考えていたというA社さんと意気投合しました。

実は他にも候補となる買い手企業があったのですが、事業の関連性の高さや経営陣との相性の良さから、A社さんに株式譲渡することに決定しました。

仲介の依頼から1ヶ月後に面談設定をしてもらい、4ヵ月後にM&Aが成立。エムレイスさんのスピーディな対応に感心しましたね。

双方の希望が完全に一致!相談から3ヶ月少々で円満にM&A成立

地域ではそれなりに知名度がある会社と自負していたのですが、跡継ぎが不在で悩んでいました。

従業員に跡継ぎの適任も見当たらなかったことから、株式譲渡を決断。

エムレイスさんと専任仲介契約を結び、買い手企業を探してもらいました。

するとほどなく、エムレイスさんから複数の買い手候補をご紹介いただきました。

それらの中で気になった会社がB社。さっそくエムレイスさんを通じて連絡を取ってもらい、オーナー同士の面談を設定してもらうことに。

面談を通じ、双方の希望が完全に一致することを確認。買い手側が条件をすべて飲む形で、円満なM&Aが実現しました。

エムレイスさんに仲介してもらってから、実に3ヶ月少々。こんなに早く株式譲渡が完了するなんて、思っていませんでしたね。

エムレイスのM&A事例・実績

通販事業A社(譲受)×EC事業B社(譲渡)

成約までの期間:不明(面談までは2週間程度)

ブランド商品の電子商取引(EC)事業を行うB社。事業の選択と集中を目的としてM&Aを検討し、会社分割を行うことで対象事業を譲渡することにしました。

B社が相手先企業に求めたのは、資金力があり、事業の成長が期待できる上場企業であること。そこでエムレイスとアドバイザリー契約を結び、最終的に譲渡に至ったのがインターネット、およびカタログでの通販事業を展開するA社です。

A社にとっても商品のジャンルやEC事業の補充、拡大を考える上でB社との取引はメリットが大きく、マッチングはスムーズに進行したとのこと。エムレイスのネットワークを駆使し、面談までは2週間と非常にスピーディーに交渉が行われています。

製作・施工業C社(譲受)×設備工事業D社(譲渡)

成約までの期間:約4か月半

新潟県で空調設備、および給排水衛生設備の工事に従事していたD社。約5億円の売上規模を誇っていましたが、後継者不在に悩み株式譲渡でのM&Aを検討することにしたと言います。

D社が顧問税理士を通して紹介されたのがエムレイス。共同フィナンシャルアドバイザーとして案件に協力することになり、買収候補企業を選定した結果、縁が結ばれたのが配管、空調などプラント関連設備の設計、および製作・施工を行うC社でした。

面談までは1か月とスピーディーに進行。D社には他にも候補先となっていた企業がありましたが、事業内容の関連性や経営者同士の相性の良さからC社を選択し、約4か月半という短期間で成約に至ったそうです。

冠婚葬祭事業E社(譲受)×式場運営F社(譲渡)

成約までの期間:約3か月半

宮城県で結婚式場の運営、ウェディングプロデュースを行っていたF社。しかし、後継者不在による悩みから事業売却を決断し、エムレイスが専任仲介者としてアドバイザリー契約を結ぶことに。

候補として3社ほど挙げられた買収企業の中からF社が選んだのは、山口県で冠婚葬祭業を営むE社でした。E社は仙台エリアへの進出を希望しており、同業者、かつ大手企業への譲渡を希望していたF社にとってニーズが合致する相手だったそうです。

E社にとっても、仙台で高いブランド力を誇るF社は非常に魅力が感じられました。エムレイスの手腕と双方の決断力が相まって、約3か月半というスピーディーな成約が実現した案件と言えるでしょう。

エムレイスのよくある質問

よくある質問に関しては記載がありませんでした。

不明点や疑問点がある方は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

エムレイスの最新情報

  • 2017.02.15:M&A支援セミナー開催(中小企業におけるM&Aの活性化、最新事例)

エムレイスでは2017年2月、中小企業におけるM&Aを活性化する目的で、オーナー経営者向けのセミナーが開催されました。

エムレイス株式会社のゼネラルマネージャーを努める伊東修氏が登壇し『M&Aの成否を分ける“スピード”の重要性と、最新事例』について講演が行われたとのことです。

  • 2016.11.29:M&A支援セミナー開催(中小企業におけるM&Aの活性化、最新事例)

2016年2月にも、上記と同じく中小企業のオーナー経営者向けセミナーが開催されています。

こちらも「3か月で成否を決める」をテーマにM&Aのスピードに関する重要性が語られており、エムレイスがいかにスピーディーに成約させるかに力を入れているかが窺えます。

  • 2016.05.12:M&A支援セミナー開催(事業承継論)

こちらも経営者向けのセミナーとなっていますが、株式会社タニタ前代表取締役社長をゲストに迎え、「事業承継論」をメインに次代に受け継ぐためのあり方について語られています。

赤字会社を黒字化する方法に関しても講演が行われたようで、非常に興味深い内容ですね。

この他、最新情報からエムレイスではこういったセミナーが盛んに行われていることが分かります。2020年8月現在は予約受付中のセミナーはないようですが、興味のある方は定期的に情報をチェックしてみてくださいね。

エムレイスを確認する

公式サイトhttps://mrace.co.jp/
お問い合わせフォームhttps://mrace.co.jp/contact/
企業情報https://mrace.co.jp/company/
よくある質問記載なし

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?