M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

南都銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

南都銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

南都銀行は、奈良県に本店を置く地域密着型の金融機関。南都は奈良が古くに呼ばれた名で、後に都となった平安京から見ると奈良(平城京)が南に位置するためそう称されました。現在は県内で唯一の地方銀行として知られ、地域住民を中心に信頼を集めています。

M&Aや事業承継サービスにも対応しており、経営サポートの一環としてニーズに合わせた丁寧なアドバイスを行っているよう。大手仲介会社である日本M&Aセンターとも提携しているほか、2018年には県内の顧客をメインとした奈良証券を子会社化したとの発表もあり、ますます力を入れていることが窺えますね。

また、ビジネスマッチングやベンチャー企業サポート、医療・介護事業サポートなど、経営に関する幅広いサービスを提供しているのも特徴。クロスボーダーM&Aについては記載がありませんが、上海や香港にも拠点をもち、海外ビジネスサポートにおける実績も豊富なので、対応可の可能性はあると言えるでしょう。希望される方は一度お問い合わせください。

南都銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 HPで確認できず
中間金 HPで確認できず
月額報酬 HPで確認できず
成功報酬 HPで確認できず

南都銀行では、M&Aや事業承継に関する具体的な報酬体系を明かしていません。案件の規模や内容に応じて変動するものと思われますので、詳しくは窓口にてご相談ください。

参考までに、提携先の日本M&Aセンターでは「着手金+レーマン方式による成功報酬」型を採用しており、あえて着手金を設けることでコンサルタントの焦りを軽減し、より納得できる相手先企業を提案できるよう工夫されているようです。

南都銀行のM&A/事業承継の流れ

南都銀行のM&A、および事業承継の一般的な流れは以下の通りです。詳しいサービス内容に関しては、窓口にてお尋ねください。

M&Aの流れ

  1. 相談受付
  2. 戦略の策定
  3. 候補先の選定・アプローチ
  4. 条件交渉
  5. 基本合意の締結
  6. デューデリジェンス
  7. 最終契約の締結
  8. クロージング

事業承継の流れ

  1. 現状の認識
  2. 事業承継方法の検討
  3. 事業承継プランの策定
  4. 事業承継の実施

事業承継に関しては、親族への承継か、従業員への承継か、あるいは第三者への承継(M&A)か、株式上場するかによっても変わってきます。

後継者の心当たりがある方はもちろん、心当たりがない方も様々な選択肢が考えられますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

南都銀行のM&A・事業承継の事例・実績

南都銀行では、M&Aや事業承継に関する事例については詳しく記載がないようです。

守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は窓口までお問い合わせください。

関西みらい銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.nantobank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.nantobank.co.jp/contact/
企業情報 https://www.nantobank.co.jp/company/profile/outline.html
よくある質問 https://faq-nantobank.dga.jp/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-28

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?