M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

西日本シティ銀行‗公式HPキャプチャ

西日本シティ銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

西日本シティ銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

法人をはじめ各形態の企業に対し、金融機関としての融資業務に加え、さまざまな経営・事業戦略のサポートを提供。社会問題化している後継者不在問題を筆頭に、会社売却や事業売却等、専門的な視点から細やかなサービスを行っています。

小さな企業の事業承継から上場企業のM&Aまで、企業規模にかかわらず、ニーズに応じた多彩なサポート業務を実施。国際ビジネスの専門サポート部門もあるため、クロスボーダーM&Aの提供も可能です。

西日本シティ銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

西日本シティ銀行のM&A・事業承継サービスについて、同社の公式HPでは、着手金や成功報酬などの手数料情報を確認することができませんでした。同社のM&A・事業承継サービスに関する手数料情報を詳しく知りたい方は、同社担当部署まで直接お問い合わせください。

西日本シティ銀行のM&A/事業承継の流れ

西日本シティ銀行の公式HPでは、同社がサポートするM&A・事業承継の流れとして、大きく「事業承継計画の立案」と「具体的対策の実行」の2つに分けて紹介しています。以下、会社を売却または異なる経営者へ承継する立場から、同社が手がけるM&A・事業承継の流れを詳しく見てみましょう。

事業承継計画の立案

具体的対策の実行

西日本シティ銀行のM&A・事業承継の事例・実績

持株会社新設による円滑な事業承継支援

寝具販売業を営むA社(売上高64億円・純資産10億円)の社長は、同社に勤務する2人の息子への事業承継を検討中でした。具体的には、「2人の息子へのスムーズな承継を進めたい」という希望と「承継後、自分にも一定数の議決権を残しておきたい」という希望の両立が条件。西日本シティ銀行では、これら社長の希望をすべて実現させるために、持株会社の新設を提案しました。

手法としては、まず社長と2人の息子を株主とする法人を新設。法人の出資比率を息子2人で95%とする一方で、社長が持つ株式については1株あたりの議決権を通常の100倍とし、新法人の議決権の84%を社長が握る形としました。その後、息子2人が持つA社株式をこの新法人が取得。新法人を持株会社することで、「2人の息子へのスムーズな承継を進めたい」という希望と「承継後、自分にも一定数の議決権を残しておきたい」という希望の両立を実現しました。

長崎銀行の一部事業を西日本シティ銀行が会社分割により取得

2009年9月29日、西日本シティ銀行は、自社の連結子会社である長崎銀行が持つ有価証券投資事業を、株式分割の手法により事業承継したと発表。発表の前日である取締役会において、同事業の吸収分割契約を締結していたことを明らかにしました。

もとより西日本シティ銀行と長崎銀行は、同じグループ企業として人事面や営業面、資本面などで強い連携体制のある関係。金融機関を取り巻く経営環境が厳しさを増す中、グループの総合力の強化を図る目的で今回のM&Aが実行された形です。

西日本信用保証を西日本シティ銀行が完全子会社化

2014年11月10日、西日本シティ銀行は、自社の連結子会社である西日本信用保証株式会社を、株式交換により完全子会社化すると発表。西日本信用保証の普通株式1株に対し、西日本シティ銀行の普通株式を17,500株を割当て交付することを決定しました。

西日本シティ銀行は、グループ全体の連携強化・業務効率化に向け、グループ内での経営統合を進めています。

西日本シティ銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.ncbank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.ncbank.co.jp/otoiawase/
企業情報 https://www.ncbank.co.jp/corporate/
よくある質問 https://faq.ncbank.co.jp/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-05

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?