野村證券

目次

野村證券

野村証券公式HP
引用元HP:野村證券
http://www.nomura.co.jp/wholesale/
豊富な知見を武器に戦略的なM&Aを提案

野村證券は、その名の通り証券事業を主力とする大手企業です。

M&Aにも精通しており、2017年のM&A助言業務ランキングでは、日本企業のなかでトップに躍り出ました。M&Aに力を入れ、人員拡大を図っているという背景もありますが、比較的規模の大きい案件を中心に扱っている、というのも、同社が好成績を収める大きな理由です。

全国に150以上もの支店を設け、優秀なスタッフ陣を数多く抱える野村證券。各地の大企業、中堅企業に幅広いネットワークを持っており、多様な案件を集めることができます。大手ならではの豊富なリソースを武器に、戦略的なM&Aで多数の実績を築いているわけです。

圧倒的な知名度と、確かなノウハウに裏打ちされた実力のある企業です。

野村證券の
M&Aサービスの特徴

特徴

全国に築いた独自のネットワーク

国内店舗数は国内証券最大級

野村證券は、国内に166もの支店を展開しています。これは国内証券トップクラスの支店数。日本だけでなく、世界30か国以上にも拠点を展開しており、その情報力は圧倒的と言えます。

M&Aにおいても、世界規模のネットワークを生かして案件ごとにベストな選択肢を提案してくれます。

特徴

海外案件も多く手掛ける多様な実績

大型M&Aで海外市場にも存在感を発揮

野村證券には、海外からも注目されるような数々の大型M&Aを成功に導いている実績があります。

アドバイザーとして、買収側、被買収側問わず、さまざまな思惑が絡み合う案件を多数手掛けており、まさに百戦錬磨。事業規模の大きい、世界でも競争力のある企業のM&Aが目立ちますが、そのノウハウは国内案件でも存分に生かされています。

特徴

経営・事業戦略支援にも柔軟に対応

大手ならではの情報力を活かし、業界動向をウォッチ

日本の産業構造は、情報化によるニーズの多様化や、少子化など、さまざまな要因によって急激に変化しつつあります。そうした変化に対応し、的確な経営判断を行うためには、情報収集が欠かせません。

野村證券は、金融市場の立場から各業界動向を追いかけ、各種レポートを作成。きめ細かい情報提供を行っています。M&Aのみならず、経営支援・事業戦略支援といった面でも、心強いパートナーとなってくれることでしょう。

野村證券のM&A関連ニュース

野村證券が出掛けるM&Aの事例は、分かりやすい形では紹介されていません。しかしたびたびニュースでその話題が取り上げられており、同社のM&Aに対する力の入れようが伝わってきます。

野村がM&A助言トップ 17年、東芝案件が押し上げ

2017年の日本企業のM&A(合併・買収)助言業務ランキングで、野村證券の市場占有率(金額ベース)が29.2%となり、前年の5位から首位に浮上した。2位以下は三菱UFJモルガン・スタンレー証券などが健闘。1件当たりの案件が小型化しM&A金額が減少するなか、東芝による東芝メモリ売却という大型案件に関わった証券会社が上位を占めた。

出典:野村がM&A助言トップ 17年、東芝案件が押し上げ:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26271540Z20C18A1EE9000/

野村HD:6年ぶりに首位奪還-M&A助言、さらなる案件獲得へ

トップの座を維持するためには、日本企業による海外での買収案件により多く携わる必要がある。国内企業による非中核事業の売却などに関する助言は得意だが、クロスボーダーでの買収助言業務では米モルガン・スタンレーやゴールドマンの後塵を拝している。永井浩二グループCEOは現在、クロスボーダー業務強化のため米州での買収を検討している。

出典:野村HD:6年ぶりに首位奪還-M&A助言、さらなる案件獲得へ - Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-11/P2DP5M6KLVR501

野村證券・森田敏夫社長 米国向けM&A人員を拡充

森田氏は「グローバルなM&Aが増えていて、ターゲットとして米国が多い」として、米国企業に関する情報を多く収集する必要があると指摘。具体的な数値は設けなかったが、「外部からの採用を通じて優秀な人材を丁寧に増やす」と語った。

出典:野村證券・森田敏夫社長 米国向けM&A人員を拡充
https://www.sankeibiz.jp/business/news/170414/bse1704140500003-n1.htm

野村證券は、
このような会社に
おすすめです

野村証券は、金融系M&A仲介会社のなかでも知名度の高い大手の企業であり、中堅・大手企業がM&Aを行うときの有力パートナーになります。

中堅・大手企業同士のM&Aが得意

野村証券は、全国に約160支店、7000人のセールスマンを擁しています。この強力な支店網や数多くのセールスマンの横のつながりから、幅広いM&A案件と関連情報が入ってきます。

この豊富な情報網から、野村証券は中堅・大手企業同士のM&A案件を数多くこなしてきた実績を持っています。

M&Aを考えている中堅・大手企業には、最適なM&A仲介会社になります。

仲介だけでなく売手企業の支援を強化

野村証券のM&A仲介の特徴は、単なる仲介だけでなく、売りたい企業の意向に基づいて、売手側の目線で支援することにあります。

このため、事業や会社を売却したい企業には、うってつけの支援会社になります。

野村証券がこのことを実現できるのは、豊富な情報量と経験から、売手側、買手側双方のニーズを掘り出して、妥協点を探し出すことができることによります。

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

野村證券への問い合わせ方法

野村證券の公式サイトには、問い合わせフォームがありません。そのため、自身の生活圏にある最寄りの支店を検索し、直接窓口へ相談に出向く必要があります。

支店の場所は公式サイトから検索できますので、もし野村證券への相談を検討されている場合はそちらを活用してみるとよいでしょう。

野村證券の
会社概要

会社名 野村證券株式会社
設立日 1925年12月25日
代表執行役社長 森田 敏夫
資本金 100億円
事業内容 証券業
URL http://www.nomura.co.jp
本社所在地 東京都中央区日本橋1-9-1
お問い合わせ先 0570-077-000

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?