M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

大垣共立銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

(引用元)大垣共立銀行公式HP https://www.okb.co.jp/

大垣共立銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー 不明
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

大垣共立銀行は、岐阜県に本店を置く地域密着型の金融機関。明治29年創業と長い歴史を誇り、ドライブスルー専用店舗の開設をはじめ、全国的にも初となる独自のサービスを豊富に展開していることで知られています。

法人向けサービスにおいても、事業承継をメインに幅広く対応。M&Aに関しては不明瞭な部分もありますが、大手仲介会社である日本M&Aセンターとも提携しているため、サポートが受けられる可能性はあると言えるでしょう。クロスボーダーM&Aも含め、お近くの窓口までお問い合わせください。

事業承継事業については、専用の「事業承継サポートデスク」を設置。身近な取引店を通じて相談できるようになっており、コンサルティング会社や税理士法といった外部の専門機関とも連携しながら丁寧な支援を行っています。2019年には日本M&Aセンター主催のバンクオブザイヤーにて「地域貢献大賞」を受賞したとのことで、地元企業を中心に地域に根付いた姿勢が窺えますね。

大垣共立銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 不明
中間金 不明
月額報酬 不明
成功報酬 不明

大垣共立銀行の具体的な報酬体系については、詳しく明かされていません。案件の規模や内容に応じて変動するものと思われますので、公式サイトの連絡先、もしくはお近くの窓口までお問い合わせください。

大垣共立銀行のM&A/事業承継の流れ

大垣共立銀行では、事業承継サポートデスクへの依頼についての流れが紹介されています。M&Aに関しては不明なので、確認したい方は窓口までお問い合わせください。

1.相談
まずは、公式サイトの専用連絡先(電話がおすすめ)より相談します。
2.提案
要望を確認しつつ、大垣共立銀行のサポートデスクが解決策を提案してくれます。
3.面談
改めてサポートデスクが客先へ訪問し、現状を把握しつつ課題を共有。
4.実行
最後に専門機関との連携を活かしつつ、実行までのサポートが行われます。

大垣共立銀行のM&A・事業承継の事例・実績

大垣共立銀行では、M&Aや事業承継に関する詳しい事例や実績などが明かされていません。守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は窓口までお問い合わせください。

また、提携先である日本M&Aセンターには豊富な事例が紹介されていますので、興味のある方は一般的なM&Aの参考としてご覧になってみてはいかがでしょうか。

参照元:日本M&Aセンター|M&A成功事例集

大垣共立銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.okb.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.okb.co.jp/company/management/syoukei-support.html
企業情報 https://www.okb.co.jp/about/outline.html
よくある質問 https://faqsearch.okb.co.jp/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?