M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

沖縄海邦銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

沖縄海邦銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

沖縄海邦銀行では、主に外部の専門機関の協力を得る形で、地域のM&A・事業承継ニーズに対応しています。業務提携を結んでいる主な専門機関は日本M&Aセンター。広いネットワークを持つとともに、国内トップクラスのM&A・事業承継実績を持つ東証1部上場企業です。ちなみに同社は海外にも拠点を持つため、沖縄発のクロスボーダーM&Aへのサポートも可能です。

沖縄海邦銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

沖縄海邦銀行の公式HPでは、同行が手がけるM&A・事業承継サポートの手数料情報を確認できませんでした。手数料の詳細を知りたい方は、同行本支店まで直接お問い合わせください。

なお沖縄海邦銀行が業務提携を結んでいる日本M&Aセンターでは、着手金と成功報酬のみによる手数料体系となっています。成功報酬の算出法は、譲渡企業の時価総額に応じて1~5%の間で変動するレーマン方式です。

沖縄海邦銀行のM&A/事業承継の流れ

沖縄海邦銀行の公式HPには、同行によるM&A・事業承継サポートの流れが掲載されていませんでした。参考までに、以下では同行が業務提携する日本M&AセンターによるM&Aサポートの流れをご紹介します(売り手側の立場から)。

・ヒアリング・相談
後継者不在問題などの課題を抱える経営者に対し、日本M&Aセンターの担当者が具体的な状況のヒアリングを実施。M&Aが有効な解決法となるかどうかを検討し、助言します。

・売り手企業の評価
M&Aによる会社売却を決断したならば、まずは日本M&Aセンターとアドバイザリー契約を締結。その後、同社の担当スタッフが、総合的・客観的な視点から売り手企業の評価を行います。

・売り手企業のレポート作成
売り手企業の資料や評価をもとに、担当者が売り手企業のレポートを作成。初期段階で買い手企業にアピールする際、当レポートを使用します。

・買い手候補企業の抽出
日本M&Aセンターが持つ広いネットワークの中から、条件の合う買い手候補企業を複数抽出。それら企業を精査・比較しながら、最適な買い手候補の選定に向けて徐々に企業数を絞り込んでいきます。

・買い手候補企業への買収打診
絞り込まれた買い手候補企業に対し、日本M&Aセンターの担当者が直接アプローチ。トップに会い、M&Aによる買収の意思がないかどうかを確認します。

・トップ面談
買い手候補企業が買収に関心を示した場合、売り手候補企業との間でトップ面談を実施。面談を通じ、互いの理解を深めていきます。

・条件交渉
トップ面談を通じ、互いにM&Aに前向きな姿勢を示した場合には、双方の間でM&Aの具体的な条件交渉をスタートさせます。交渉を通じて互いに納得できる条件に達した場合、基本合意契約を締結。その後、買い手企業から売り手企業に対して買収監査を実施し、最終条件交渉へと入ります。

・最終合意契約
最終条件交渉を通じ、互いに納得できる内容・条件に達した段階で、M&Aの最終合意契約を締結します。

・PMI
具体的な経営統合に向けた各種の手続きを行ったのち、売り手から買い手に株式の移転が行われ、かつ買い手から売り手に対価の支払いが行われます。以上でM&Aの一連の手続きが終了となります。

沖縄海邦銀行のM&A・事業承継の事例・実績

沖縄海邦銀行の公式HPでは、同行が手がけたM&A・事業承継の事例や実績を確認できませんでした。よって以下では、参考までに、同行が事業提携を結ぶ日本M&Aセンターの公式HPから、同社がサポートしたM&A事例を2つほどご紹介します。

・東証一部企業の傘下企業としてリスタート
売り手は北海道のビルメンテナンス・警備業者のA社。1973年に創業以来、事業拡大・多角化経営を進めて経営は順調に推移しましたが、社長の子供2人は医師の道を選択。後継者不在問題に直面しました。早く動けば動くほど良い相手が見つかるとの話を聞き、日本M&Aセンターへ相談。最終的には某東証一部企業の主要子会社が買い手となり、大手の傘下企業としてのリスタートを実現しました。

・社員の最大利益実現のため、あえて第三者へ事業承継
売り手は東京渋谷区にあるweb系企業のC社。60歳を目途に引退することを決めていた社長は、社員にとっての最大利益を求めるべく、息子さんへの事業承継を考えずにM&Aを決断。日本M&Aセンターの仲介により、2013年7月、東京都中央区にあるイベント会社D社との間でM&Aを実現させました。

沖縄海邦銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.kaiho-bank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.kaiho-bank.co.jp/tenpo_detail/id=89
企業情報 https://www.kaiho-bank.co.jp/corporate/
よくある質問 https://www.kaiho-bank.co.jp/faq/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?