M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

佐賀共栄銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

佐賀共栄銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

佐賀共栄銀行では、主に外部の専門機関との業務提携を通じ、経営者のニーズに合わせた柔軟なM&A・事業承継をサポートしています。提携している専門機関は、日本M&Aセンターやレコフ、日興証券など名だたる有名企業。広いネットワークの中から、最適な相手企業を見つけることができるでしょう。

クロスボーダーM&Aについては、ニーズがあれば外部の提携機関を紹介する形で対応。提携するレコフは、創業以来30年以上にわたりクロスボーダーM&Aの実績を積み重ねてきた名門企業です。

佐賀共栄銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

佐賀共栄銀行の公式HPでは、M&A・事業承継の手数料に関する情報を得ることができませんでした。佐賀共栄銀行のM&A・事業承継サポートの手数料を詳しく知りたい方は、同行まで直接お問い合わせください。

なお同行が業務提携しているレコフでは、「月々の業務委託手数料+成功報酬」を手数料の基本としています。同社の公式HPによると、月々の業務委託手数料の額・率については不明。成功報酬については、資産等の移動総金額に対して1~5%となります。

佐賀共栄銀行のM&A/事業承継の流れ

佐賀共栄銀行の公式HPでは、M&A・事業承継の流れに関する記載がありませんでした。参考までに、以下では同行が事業提携するレコフのM&A・事業承継の流れを見てみましょう(売り手企業の立場から)。

■候補者の選定

・面談
後継者不在問題や事業の将来への不安など、現状で抱えている経営課題を面談でヒアリングします。

・機密保持契約の締結
相談企業(売り手企業)に関するより詳細な情報を提供してもらうため、レコフ側から機密保持契約を締結します。

・基礎資料の開示
M&Aに必要な基礎資料を作成するため、売り手企業からレコフが求める企業情報を提供してもらいます。

・企業評価レポートの作成
提出された企業情報などを基に、売り手企業の株価を中心とした企業評価レポートを作成します。

・買い手候補企業の選定
レコフが複数の買い手候補企業を選定したのち、売り手企業と協議のうえ、最終的に打診する企業を絞り込んでいきます。

■候補先への提案

・買い手候補企業への打診
会社名が特定されない範囲において、買い手候補企業へM&Aの打診を行います。

・詳細資料の開示
買い手候補企業がM&A買収に前向きな意向を示した場合、売り手企業の了承のもと、買い手候補企業に対して売り手企業の情報を開示します。

・トップ面談の実施
売り手と買い手とが共にM&Aに前向きとなった場合、トップ同士での面談を実施して相互理解を深めていきます。

■基本合意書交渉・締結

・基本的な条件の交渉
売り手と買い手の双方で、M&Aに関する各種条件(スキーム、価格、スケジュール、取得割合など)の交渉を行います。

・基本合意契約の締結
基本的な条件の交渉を経て、売り手と買い手とが互いに納得できる条件に達した段階で、基本合意契約を締結します。

■デューデリジェンス

・デューデリジェンスの実施
買い手企業から売り手企業に対し、デューデリジェンスを実施します。デューデリジェンスとは、買い手企業が選定した専門家が、売り手企業の会計・税務・法務などの詳細な調査を行うこと。調査で得られた情報を、譲渡価格の妥当性や売り手企業の潜在リスクの有無、買収後の経営統合計画の策定などに役立てます。

■最終契約交渉・締結

・最終条件の交渉
デューデリジェンスによって得られた情報を踏まえ、売り手と買い手で最終的な条件交渉を行います。

・最終契約の締結
売り手と買い手の双方が納得できる条件に達した段階で、M&Aの最終契約を締結します。

■M&A成約

・クロージング
最終契約書に記載されている諸手続きを実施したのち、株式・資産の受け渡しや譲渡対価の支払いなどのクロージング手続きが行われます。

佐賀共栄銀行のM&A・事業承継の事例・実績

佐賀共栄銀行の公式HPでは、同行が行ったM&A・事業承継の事例や実績が公開されていませんでした。よって以下では、参考までに同行が提携するレコフの公式HPから、同社が手がけたM&Aの事例をご紹介します。

・売却要件を満たした買い手企業をレコフが発掘
売り手は医療機器卸売事業を営むA社。売却要件を満たした買い手企業B社を見つけ出し、レコフの仲介のもと事業譲渡が実現。売却要件の一つであった「譲渡後におけるA社の子息の社長就任」も実現しました。

・買い手候補50社による入札を実行
新規事業の成長期待が魅力だった売り手企業のC社。レコフが仲介し、買い手候補企業を50社まで絞って入札を実行。売り手オーナーが満足できる売却価格を示したD社と合意し、無事、円満なM&Aが成立しました。

佐賀共栄銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.kyogin.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.kyogin.co.jp/contact/
企業情報 https://www.kyogin.co.jp/about/
よくある質問 https://www.kyogin.co.jp/faq/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?