M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

四国銀行‗公式HPキャプチャ

四国銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

四国銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明(可能性あり)

四国銀行は、高知県を中心に運営されている地方銀行。県内では「四銀」の愛称で知られる最大規模の銀行で、主要地域の指定金融機関にも定められています。法人向けサービスも充実しており、海外とのネットワークも豊富です。

M&Aや事業承継については、売り手や買い手を問わず総合的なアドバイス&サポートを行っているのが特徴。各種専門家や大手仲介会社である日本M&Aセンターとも連携し、初期相談から成約までしっかりと支援が受けられます。クロスボーダーM&Aに関しては記載がないものの、前述の通り海外とのネットワークを活かしたビジネス支援業務を実施しているため、内容によっては対応してもらえる可能性もあるでしょう。

2017年からはより一層M&A業務に力を入れているとの記事も出ており、全支店に専門的な資格保有者を配置するようになったそう。今後はより高度かつ複雑な案件の取り扱いも期待できそうですね。

四国銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 不明
中間金 不明
月額報酬 不明
成功報酬 不明

四国銀行は、M&Aや事業承継の具体的な報酬体系について記載していません。おそらく、案件の規模や内容に応じて変動するものと思われます。まずはお近くの窓口までお問い合わせください。

四国銀行のM&A/事業承継の流れ

四国銀行では、一般的なM&Aと事業承継の流れについて詳しく解説されています。まずはM&Aから見ていきましょう。

売り手企業の流れ

  1. 個別相談
  2. 提携仲介契約の締結
  3. 資料収集・企業評価
  4. 持込候補先選定
  5. 企業概要書(ノンネーム)の作成・企業情報資料作成
  6. 追加資料・回答

買い手企業の流れ

  1. ノンネーム概要書説明
  2. 秘密保持契約の締結
  3. 企業概要書開示
  4. 具体的資料に基づく検討
  5. 提携仲介契約の締結
  6. 詳細資料開示・詳細資料による検討

↓完了すると次へ

共通の流れ

  1. 現場視察・トップ会議
  2. 買収価格等の条件交渉
  3. 基本合意書の締結
  4. 買収監査
  5. 最終条件の交渉
  6. 最終契約書の締結

買い手企業は必ずしも個別相談を介するわけではないようですが、M&Aを希望して四国銀行に問い合わせるのではなく、取引先(相手先企業)として直接声がかかる可能性も考えられますね。

事業承継の流れ

  1. 現状把握
    - 株主構成、家族構成、資産構成等
    - 自社株評価
  2. 課題整理
    - 株価対策
    - 組織再編
    - 分散株式の集約
    - 承継タイミング等
  3. 対策検討・実行
    - 退職金支給
    - 組織再編
    - 分散株式買取
    - 承継計画策定等

その他顧問税理士と協業しながら、提携先の紹介も行っているとのこと。経営権および財産権の承継両方を考えたアドバイスが受けられるので、親族内承継を検討している方も、親族外承継を検討している方も信頼して任せられます。

四国銀行のM&A・事業承継の事例・実績

四国銀行では、M&Aや事業承継に関する具体的な事例を掲載していないようです。守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は窓口までお問い合わせください。

また、一般的なM&Aのイメージが知りたい方は、提携先の日本M&Aセンター公式サイトを参考にするのも良いでしょう。

https://www.nihon-ma.co.jp/case/interview/
(M&A成功事例集)※日本M&Aセンター

四国銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.shikokubank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.shikokubank.co.jp/contact/
企業情報 https://www.shikokubank.co.jp/profile/profile.html
よくある質問 https://shikokubank-faq.custhelp.com/app/home

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-05

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?