売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「ゴールデンパラシュート(Golden parachute)」とは?

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「ゴールデンパラシュート(Golden parachute)」とは?

ゴールデンパラシュート(Golden parachute)とは、敵対的買収を受ける恐れのある企業がとる対抗措置のひとつ。事前に役員や経営陣の退職金を通常では考えられないほど多額にしておき、企業の買収に必要となる資金を引き上げる方法です。つまり、買収しようとしている側のデメリットをわざと大きくして対抗する、ということですね。語源としては「乗っ取られた企業からお金(ゴールド)をパラシュートとして脱出する」イメージが基になっているそう。ただし、一説には経営陣の保険として用いられる方法という見方もあり、むしろ敵対的買収を助長する恐れもあると言われています。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ