売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「スタッガード・ボード(Staggered Board)」とは?

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「スタッガード・ボード(Staggered Board)」とは?

スタッガード・ボード(Staggered Board)とは「期差任期取締役制度」、もしくは「捻じれた役員会」とも呼ばれる、敵対的買収への対抗措置のひとつ。取締役の改選時期をずらすことにより、同時に取締役全員が入れ替わることがないようにするものです。買い手企業が実質的な経営権を得るまでの時間稼ぎをする目的で用いられる場合が多く、仮に買収されたとしても取締役を一気に交替させられることはありません。語源としては「スタッガード」が意味する「互い違いにずらす」と「決心を揺らがせる」両方の意味合いを込めていると言われています。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ