売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「スーパー・マジョリティ条項」とは?

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「スーパー・マジョリティ条項」とは?

スーパー・マジョリティ条項とは、敵対的買収を仕掛けられた企業が行う対抗措置のひとつ。株主総会における決議要件を異常に厳しく設定することで、買収された後の意思決定がスムーズにいかないようにし、結果的に買い手側の意識を削ぐというものです。例えば通常株主の3分の1~3分の2の承認が必要とされる案件であっても「株主の90%以上の同意を必要とする」としておく(定款を変更する)などですね。ただし、場合によってはその変更点が自社の首を絞める恐れもありますから、大きなリスクを伴う方法でもあります。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ