売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「デットエクイティスワップ(Debt Equity Swap)」とは?

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「デットエクイティスワップ(Debt Equity Swap)」とは?

デットエクイティスワップ(Debt Equity Swap)とは、直訳すると「債務と株式の交換」となり、財政破綻を起こしている会社の債務を債権者が現物出資により株式化すること。企業再生方法のひとつとして知られており、経営陣や株主にとっては有利子負債が削減されるというメリットがある一方、債権者に干渉される恐れがあります。また、債権者にとってもインカムゲインやキャピタルゲインといった利益を獲得できる可能性が高いですが、逆に債権より株式の方が回収順位は後回しになるというデメリットが。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ