売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「バックエンド・ピル(Back end Pill)」とは?

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「バックエンド・ピル(Back end Pill)」とは?

バックエンド・ピル(Back end Pill)とは、敵対的買収に対する対抗措置のひとつ。対象となった企業が株主に対し、一定の条件を満たした場合には持ち株を現金や債券に交換できるという権利を与えることにより、買収のための資金(コスト)を更に高めて意欲を削ぐというものです。名目上は株主の投資を保護するのに有効とされますが、万が一敵対的買収後に企業価値が上がる可能性がある場合には逆に株主にとって不利益となる恐れもあるため、実行の際は慎重に検討する必要があるでしょう。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ