売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「パックマン・ディフェンス(Pac-Man defence)」とは?

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「パックマン・ディフェンス(Pac-Man defence)」とは?

パックマン・ディフェンス(Pac-Man defence)とは、敵対的買収の対象となった企業が行う対抗策のひとつ。方法としては「自社に対して敵対的買収を行おうとしている企業に、逆に買収を仕掛ける」というもので、相手企業に真っ向から立ち向かうような方法と言えます。これには市場での注目を集めやすいというメリットがありますが、最悪の場合双方が非常に疲弊する結果となるため、リスクも高いのがデメリット。ちなみに語源は日本で1980年代に発売されたゲームの名前で、アイテムを取得すると一定時間逆襲を仕掛けることができるキャラクターが基になっています。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ