売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「基本合意書」とは?

基本合意書とは、M&Aにおいては買い手企業と売り手企業が交渉を進める中で「ある程度双方の決意が固まった」状態で締結される文書のこと。一般的には買収監査(デューデリジェンス)の前に行われる場合が多く、譲渡価格や取引の条件を改めて確認できるだけでなく、買い手側にとっては独占交渉権を付与できるというメリットがあります。ただし、法的拘束力は基本的にありませんから、買収監査の結果やその後のトラブルの有無によっては契約が完了されない恐れも。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ