売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「破綻懸念先」とは?

破綻懸念先とは、一般的に金融機関から見て「今のところ経営破綻はしていないものの、経営難の状態にあり、今後経営破綻する確率が高いと認められる債務者」のこと。金融庁の「金融検査マニュアル」によれば、金融機関は債務者を破綻先、実質破綻先、破綻懸念先、要注意先、正常先の5つに分類するものとされており、上から順に危険度が高い債務者と言えます。ただし、経営状況を改善させるための計画の進捗が順調に行われ、将来的な事業再生が見込めれば要注意先に区分し直される可能性も。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ