売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「競業避止義務」とは?

競業避止義務とは、一般的に「自己、もしくは第三者のために競争的な性質をもつ取引を禁ずる」というもの。M&Aにおいては例えば売り手企業が買い手企業に事業や会社を売却した直後、再び同種の(買い手企業の競合となる)事業を始めてはならない、といった決まりを言います。

これは一生ではなく期間が定められていますが、特に同一の市町村や隣接する市町村など買い手企業との距離が物理的に近い場合は特に制約が厳しくなるため、注意が必要です。競業避止義務は従業員に対しても課されるもので、その場合は在籍していた会社の競合他社に就職したり、同種の会社を立ち上げたりなどの行為に制限が設けられます。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ