売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「累進税率」とは?

累進課税とは、課税標準(税金を計算する場合の算定基準)が大きくなればなるほど高い税率を課す方式のこと。日本においては主に所得税や相続税、贈与税などにこの累進課税が適用されています。これには課税標準が一定額を超えた際、その全体に対し高い倍率を当てはめる「単純累進課税」と、一定額を超えた金額にのみ高い倍率を当てはめる「超過累進課税」という種類がありますが、単純累進課税を用いると極端に税率が増加する恐れもあるため、基本的には超過累進課税が使われるようです。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ