売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「譲渡承認取締役会」とは?

更新日:2020-05-08

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
M&Aのおすすめ業者3選

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
トランビ
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい)
仲介型
(買いたい)
データマッチング型
(自分で相手を見つける)

各社の特徴・成功事例を詳しく見る

M&A用語「譲渡承認取締役会」とは?

譲渡承認取締役会とは、譲渡等承認請求(会社法第138条に定められている、譲渡制限株式を第三者に売却する時に行われるもの)の際に実施される取締役会のこと。譲渡制限株式は株式を譲渡するにあたって会社の承認が必要となるため、取締役会が設置されている会社では取締役会が開かれます。設置されていない会社であれば株主総会が開かれるのが一般的ですが、請求された日から2週間以内に株主に通知できない場合、譲渡を承認したと見なされるというリスクも。

Category

前のページ

次のページ

関連記事

タイプ別/M&Aのおすすめ業者3選

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
トランビ
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい)
仲介型
(買いたい)
データマッチング型
(自分で相手を見つける)
公式HP M&Aネットワークス
https://es-ma-networks.jp/
日本M&Aセンター
https://www.nihon-ma.co.jp/
トランビ
https://www.tranbi.com/

M&A仲介会社をもっと見る

ページのトップへ
ページのトップへ