売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「ADR」とは?

ADRは「Alternative Dispute Resolution(アルタネイティブ・ディスピュート・リゾリューション)」を略した言葉で、和訳すると「裁判に代替する紛争解決手段」となります。つまり、裁判を起こさずに争いを解決する手段ということですね。ADRには大きく分けて調停、あっせん、仲裁という3つの種類がありますが、いずれも第三者が間に入って解決を目指す点では共通しています。メリットとしては手続きが簡便、かつ低コストであるなどが挙げられ、M&Aにおいても公的機関が調整役となる行政型ADRや、公認会計士や弁護士など民間の専門家が仲介する民間型ADRといった手段が用いられることも。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ