売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「デュー・デリジェンス」とは?

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「デュー・デリジェンス」とは?

デュー・デリジェンスとは、日本語では「買収監査」と訳され、買い手企業(投資する側)が売り手企業(投資される側)に対し、その価値やリスクなどを調査するものです。財務や人事、事業、法務、税務、IT、不動産、知的財産など様々な項目が存在し、一般的には基本合意書の締結の後に税理士や弁護士、会計士といった専門家によって行われます。デュー・デリジェンスの内容に問題があればM&Aが制約しないこともありますから、双方にとって非常に重要な分析と言えるでしょう。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ