売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「アーニング・マルチプル・レシオ」とは?

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「アーニング・マルチプル・レシオ」とは?

アーニング・マルチブル・レシオとは、日本語では「収益倍数比率」と訳される比率や傾向値のこと。M&Aは同業界間で行われる場合も多いですが、これはそういった事例が過去にいくつも見られた時、その取引価格と買収された(売り手)企業の利益から税金を引いたものを検証化して比率に表したものを指します。つまり、同じ業界同士でM&Aを行った際の相場、といった意味にもなりますね。同業者とのM&Aを検討するのであれば、ぜひ覚えておきたい指標と言えるでしょう。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ