売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「ファイナンシャルバイヤー」とは?

更新日:2020-03-30

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「ファイナンシャルバイヤー」とは?

フィナンシャルバイヤーは、対象企業の収益や事業内容を問わず、株価の安さや解散価値などを重視して投資を行う者のこと。経営者に株価を上げるための助言は行いますが、経営面に携わることなく、比較的短期間で売却するのが特徴です。逆に経営面に携わり、企業が安定した収益を得られるよう成長させた上で買収を行うことをシナジーバイヤーと言います。対象となるのは買収される、もしくは民事再生の可能性がある企業や、収益の安定していないベンチャーなど。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ