売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「インカムアプローチ」とは?

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「インカムアプローチ」とは?

インカムアプローチとは、M&Aにおいて企業の価値を評価するための算定法のひとつ。買収を検討している対象企業の「将来的な収益性」に着目して価値を算出するのが特徴で、キャッシュフローを基に計算する「DCF法」や将来的に期待される配当金の額を基に計算する「配当還元法」といった方法があります。インカムアプローチはシナジー効果や成長性を含められるため、非常に前向きな企業価値の算定法と言えますが、その一方で主観的な結果になりやすいといった側面もありますから、他の算定法も含め慎重に判断しなければなりません。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ