売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「レバレッジ効果」とは?

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「レバレッジ効果」とは?

レバレッジ効果とは、主に投資業界(特に不動産投資)において「少額の資金で大きな利益が期待できる」こと。一般的には借入金によって資金調達を行うことで、当初の予定以上に大規模な案件を取り扱えるようになった結果、自己資本利益率(ROE)が高まるケースを指します。M&Aでも買い手企業が借入金を利用して自己資金以上の買収を行うのは珍しくなく、借入金に対する利子が低ければ低いほどレバレッジ効果は上昇しますが、逆に期待どおりの結果が得られなかった際のリスクも大きい方法です。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ